FC2ブログ
2020/09/22

【詰将棋鑑賞入門】合駒を動かす5手詰

 ご無沙汰しております。上谷です。
 休みなので詰将棋関連の仕事を一気に色々やっています。
 ところでひとまずこれを見てやってください。



 ヤバいですね☆(いやもう本当にありがとうございます)
 というわけでたくさんの方にツイッターをフォローいただきました。感謝感謝です。
 記念に?ではないですけど、今回はマニア度を抑えて普通詰将棋、しかも5手詰の話をしようと思います。
 普段はフェアリー(変則ルールの詰将棋)ばっかり話しているんですけど、普通詰将棋も好きなので大丈夫です。
 いつも通り、最近発表した自作をまとめようかと思いましたが、おそらく今なら詰将棋マニア以外の方にも読んでいただけそうな雰囲気があるので、このたびはもう少ししっかり書きます。

 世の5手詰の記事とはやや趣向を変えて、"鑑賞"メインの構成とさせていただきます。世に5手詰はそれはもう沢山発表されていますが、"マニアがよろこぶ"5手詰はどんなものかを感じてもらえれば幸い。
 以下にも何作か作品を掲載しております。もちろん解いていただけるとそりゃ嬉しいですが、別に解けなくても全然構いません。
むしろ、解けた解けないで悩むより、「この作品のどこがいいのか」「この作品にはどういう主張があるのか」という見方で作品を見てもらいたいなあと思っています。

 「詰将棋を鑑賞するってどういうこと?」という方は先にブログ内記事『詰将棋鑑賞、超入門!』を読むといいかもしれません。

自作 詰将棋パラダイス発表  

2020-09-22a.png

 解答はまた後ろに載せます。

 さて5手詰の作品の良し悪しを評価するのは難しいのですが、今回はざっくり概要だけかいつまんで話します。マニアな皆さん、厳密に言えば違うだろ!という表現もあるかもしれないけど許してね。

 ひとまず、合駒を動かしておけばそんなにひどい評価は受けません。
 
 あなたが5手詰をつくろうとして、捨駒を入れようを思ったとします。捨駒の意味付けには色々ありますが、まあ盤上の駒を移動させようとしたとしましょう。

2020-09-22c.png

 25金、同金みたいな感じを狙います。

3手詰
 2020-09-22d.png

 25金、同金、27桂まで3手詰。
 金を動かさないと詰まない盤面を考えてみました。金をずらせば角筋が通るというわけです。
 10秒クオリティ。まあこんな感じで「盤上の駒を動かす」と考えるだけでも詰将棋はつくれます。

 もっと欲張ると、この金を合駒で出したいな、となるわけです。

2020-09-22e.png

 55飛に35金合と出してみる。もちろんこのままでは実現しないので、色々な肉付けが必要です。

 キーとなる駒が盤上にもともと配置されているより、その駒を盤上に出現させるところから始められればなんとなく高級感がありそうじゃないですか?
 しかも詰将棋で合駒を出すということは

・合駒の種類を限定する(1通りが正解にして他の駒種だと早詰になるようにする)
・合駒の地点を限定する



 ということが要求されるため、合駒を出すだけでもある程度技術点がもらえます。しかも合駒を動かせば、その駒が二段活用となるわけですから、指し手の感触としてもいい感じです。そう考えると、合駒が評価につながる理由もなんとなく理解できるのではないかなと思います。

 実現のために要する手数ですが、合駒を出すだけで3手詰以上が必要なので、合駒を動かすためには最短5手必要ですね。短く切り詰められることを切り詰める作業も意義があると思っています。

 5手で合駒を動かすパターンは二通りしかありません。
 上の図で35金合を動かすとして

・合駒を要求した駒(55の飛)のライン上で動かす:ペレ(Pelle)
・合駒を要求した駒(55の飛)のライン外に動かす:シフマン(Schiffmann)


 この2通りです。
 これはどの図でも同じであり、受方の合駒を動かす5手詰のすべてが上記のどちらかになっているはずです。

 ペレ、シフマンという名前がそれぞれついていますが、仲間内での話なので別に覚えなくてもいいです。 ※あと微妙に定義が違うかもしれないけどひとまず許して。



 ちなみに、この講座内(無料分のところには無いですが)で斎藤慎太郎先生も使っておられる用語です。これはマニア的には感動ポイントです。

 攻方や受方の駒を上の図に付け足して、この金を動かすためにはどうしたらいいのか、どうすれば詰将棋として成立するか、唯一解となるか考えてみてから、以下の続きを読むとより楽しめるかもしれません(考慮時間5分!)。 シフマンのほうが実現が難しいかな。

-------------------------

【自作再掲】
2020-09-22a.png

【作意順】
95飛、85金、75飛、同金、94角 まで5手詰


 これは上の例でいうと、"ライン上で動かす"パターンです。
 しかし本作の狙いはそこだけではありません。

【投稿用紙より一部引用】 
 合駒をすぐ動かす5手詰……、ではありますが狙いはそこではありません。それは表現の手段でしかない。
 94角という、初手から指せる手をすぐは実行せずに、95飛85金合とあえて角の道を邪魔するような手順を踏まえた後、その金を動かしてその影を貫いて94角で締めるストーリー全体が狙いです。

 ともあれこちらは飛筋上で合駒を動かすペレの手筋でした。

--------------------

 シフマンの解説、加えて5手詰の作例も紹介しておきましょう。

2020-09-22g.png

 上の図に攻方の駒を2枚追加しました。ここから26の歩を25に突いて開き王手を行います。こうすることで飛筋が自分の歩で遮断されるため35の金が自由になります。26金の移動合が可能となるわけですね。合駒がライン外に動くことを可能になるこの一連の手続きをひっくるめてシフマンと呼びます。これを作意順にするのは難しそうですが、どなたかチャレンジしてみてください。

 さて実際の作例。詰将棋解答選手権からの引用です。
 
2020-09-22b.png

【作意順】
 55馬、66香合、77桂、69香成、65桂 まで5手


 シフマンだけでなく最後の桂跳ねで飛筋を遮断するのも洒落ています。

【最後に】
 なんやかんや長くなってしまいました。
 
 作り方の観点で色々話してみましたが、その他、ここのブログで「詰将棋鑑賞、超入門!」などという記事を書いたこともあるのでもし良かったらご覧ください(再掲ですみません)。
http://fairypara.blog.fc2.com/blog-entry-103.html
http://fairypara.blog.fc2.com/blog-category-15.html
スポンサーサイト



2020/08/09

たま研で使った例題

  たま研でルール説明のためにつくった自作(例題級)を貼っておきます。
  復習等にどうぞ。
  作意順がすぐ近くに書いてあるのでご注意ください。

 クレジットがない作品はここが初出です。すべて上谷作です。

協力自玉詰 4手
Twitter(2020/5/17)

EYL_rnQUwAYL-Dj.png

(作意順)
18龍、28飛合、29龍、同飛成まで4手詰。




 ツイート元の のすたる爺氏作は記憶に留めておくべき作品。

協力自玉詰 8手(新)
2020-08-08a.png

(作意順)
23銀生、43玉、25角、34飛、32銀不成、同玉、14角、同飛 まで8手


 協力自玉詰の基本的流れをお伝えするための作品。
 最初の2手は付け足し。玉の43~32の往復の感触を増幅させるためと、初形を安定させるため、還元玉とするためなどといった理由がある。

アンチキルケばか詰 7手
『フェアリー時々詰将棋』2017年1月

記事リンク 

2017-01-06d.png

【アンチキルケ】
 駒取りがあったとき、取った方の駒が、最も近い将棋での指し始め位置に戻される。

1,駒成は成ったまま戻る。
2,戻り位置に駒がある場合は戻らない(普通の将棋のように普通に駒を取る)。
3,駒取り時、駒が戻るまでを一手と見なす。
4,金銀桂香(成駒も含む)が5筋で取られ、複数の戻り先候補がある場合、戻る位置を選択できる。


 http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/wfprule119.pdfより

 73角の限定打(51地点をカバーするため)と、「居食い」を提示するための例題。
 詳細は上のリンク先を参照。

アンチキルケばか詰 7手(新)
2020-08-09a.png

(作意順)
 18金引、同香生/11香、18金、同香成/11杏、73角、18玉、17金まで 7手。
 

 同一駒で成生の対比をやってみたかった。
 3枚凝り固まった金配置のうち、2枚は邪魔駒。この2枚を香にとってもらうのだが、トドメをさす金をとってもらうのは困るので、攻方に都合のいいように香成/香生を使い分けてもらう。
 既発表作の修正なので投稿するのは気が引ける。


2020/08/08

たま研で"一番好きなフェアリー作品"を紹介したりした

 本日はたま研でした。 
 詰パラでの会合案内でもあった通り、今年の演者は私でした。フェアリーにどっぷり浸かる一日になったでしょうか。
 若輩者(一応まだ若手だと思っている)なもので、不慣れなところも多々あって皆様にはたくさんご迷惑をおかけして申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、一方でとりあえずある程度話したいことは話せたかなと安心しております。
 意外と時間ってあっという間ですね。また機会がありましたら、今日話せなかったこともお話しすることができればなと思っています。
 皆様本当にありがとうございました(そして本当にすみません)。

 さて本日の講演には、「私がすべてのルールを通して一番好きなフェアリー作品」についても話したりしてました。その作品がこちら。

【協力自玉ステイルメイト 12手】
 内田昭氏作(詰将棋パラダイス 1998年8月)
 第11回妖精賞短編部門


2020-08-08b.png

【ステイルメイト】
 王手は掛かっていないが合法手のない状態にする。     
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/wfprule119.pdfより。

たま研で紹介しようと思って図面を提示したはいいものの、感極まって?結局手順は並べられなかった作品。
 まあ、なんといっても初形が完璧です。そして手順も完璧です。
 初見の方はぜひ一度考えてみてください。
 解けなさそうな方、鑑賞でも良いという方はこのまま下にスクロールを。











----------

 では進めます。
 本局の最大の魅力を一言でいいますと、「自然に完全限定」でしょうか。完全限定という言葉はもちろん褒め言葉なのですが、詰将棋の世界では(まあ、きれいだねぇ~)ぐらいの感想になってしまうかもしれません。とはいえ本作はキレイすぎる。
 将棋盤が9×9なのはこの作品のためでは?と思ってしまうぐらいです。
 
 初手は16角です。以下27角合、同角、38飛合までで途中図。

2020-08-08c.png

 2手目の27角合は合駒稼ぎ。この38飛合も合駒稼ぎなのですが、ここで手拍子で同角としないのがいい呼吸。正着は94角です。もちろんこれも限定。

2020-08-08d.png

 続く後手の手は85飛合。この飛を発生させるための角限定打なのでした。自玉を包囲するための大駒を準備した上で、満を持して38角を決行します。以下同玉。
 
2020-08-08e.png

 ここで先手は88飛として、龍を作らせつつ、角筋を通します。その直後の49角の気持ちよさといったら!

2020-08-08f.png
 
【作意順】16角、27角合、同角、38飛合、94角、85飛合、38角、同玉、88飛、同飛成、49角、同玉 まで12手。
 
 左右に角遠打が登場する手順で、しかもその角は2枚とも消える構成が素晴らしい。
 終わってみれば還元玉でのフィニッシュ。しかも詰め上がりは初形に88龍が足されただけ!
 どこをとっても芸術点が高い。
 本当に素晴らしい作品です。
2020/06/12

透明駒+禁欲の可能性

 立て続けに投稿(するつもりがいつの間にか時間が経っていた)。
 引き続き透明駒の話題です。
 
 つい先日紹介した『Web Fairy Paradise 第143号』ですが、透明駒の出題も充実しております。高坂さんはもちろんのこと、馬屋原さんもWFPに本格参入。やっぱり要チェックですよね。

 あ、あと私の新作も採用いただいております。ルールは禁欲と透明駒の複合。おそらく初めての組み合わせでしょう。
 
 というわけで例題をいくつか用意しました。WFPに掲載いただいた例題も掲載しておきます。
 "透明駒+禁欲"の雰囲気が伝われば幸い。WFP作品展のヒントになるかもしれないし、ならないかもしれない。
 作意と解説は一番最後にまとめて載せております。
 クレジットがない作品はここが初出です。すべて上谷作です。

 自力検討なので、余詰等あったらごめんなさい。

①禁欲協力詰 3手(1+0)
 ※協力詰=ばか詰

2020-06-01d.png

(1+0)の表記は、攻方に透明駒が1枚、受方に0枚透明駒があることを示す。

②禁欲協力詰 3手(0+2)

2020-06-01h.png


③禁欲最善詰 3手
 2020年5月 『Web Fairy Paradise 第143号』 WFP作品展 例題

2020-06-01f.png


【最善詰】攻方は受方がなるべく早く詰むよう王手を掛け、受方はなるべく詰まないよう応じる。
[補足]
・いわゆる普通の詰将棋から枝葉(無駄合概念や、駒が余るかどうかで手順に優劣を付ける規則)を取り除き、攻方最短を義務化したもの。攻方最短・受方最長のみが正解で、長手数の余詰は不問。
(WFP作品展登場ルールのまとめ より引用)



 WFP最新号に例題として掲載いただいた作品。詳細はリンク先12pをご参照ください。

④禁欲協力自玉詰 4手(1+1)

2020-06-01g.png

【協力自玉詰(ばか自殺詰)】先後協力し、最短手数で攻方玉を詰ませる。
※自玉詰なので、攻方の透明駒は玉であることは分かる(詰ませる対象が存在しないと問題として成立しない)。地点は不明。


----

解答、解説

① 19香、同玉、29金 まで3手詰
 2020-06-01e.png

 19香に対して、禁欲(駒を取らない応手を優先)なのに同玉と着手できるとはどういうことだろうか。すなわち、2手目に駒を取らずに玉が逃げる手は存在しなかったことが情報として与えられるわけだ。
 攻方の1枚の透明駒はなんだろう。38の馬(玉)、2筋の飛、29の香…色々な可能性がある。
 最終手29金を指すことで攻方透明駒が29香である可能性は消失する。3手目の局面で攻方の透明駒が何であるかは判明しないが、少なくとも全ての可能性で29地点に攻方駒の利きがあるのは間違いない。よって詰みと断定できる。

② 38龍、28と、-X まで3手

 3手目-X。初形時点では攻方は王手をかけられるような透明駒は持っていなかったはず。すなわちこの透明駒は受方から奪った駒だ。いつ取ったんだろう?と時系列を遡ってみると初手が駒取りだったことになる。
 駒を取らない王手を優先せねばならない禁欲条件でも駒を取れる。そんな初形であったと考えねばならない。
 本作の場合、可能な初手は27龍と38龍の2通り。
 38龍が駒取りであるとすれば、27地点にも受方透明駒が居なくてはならない(駒種は不明)。すなわち、初形で先手が選べる手がすべて駒を取る手であれば、いくら禁欲といっても駒を取る手を選ぶしかないというわけだ。
 
 27地点は埋まっているため、最終手-Xは29地点の王手しかありえない。これを取り返せるような透明駒は出払っていることも証明されている。よって詰み。

④ 29飛、17玉、-X、18龍 まで4手
 
 3手目-X。初形時点では攻方は王手をかけられるような透明駒は持っていなかったはず。すなわちこの透明駒は受方から奪った駒だ。いつ取ったんだろう?と時系列を遡ってみると初手が駒取りだったことになる(2回目の解説)。
 しかしこれは妙だ。攻方は初手に37飛という手も指せたはず。②とは異なり、受方の透明駒は1枚だけなので、37にも29にも受方駒があるとは考えられない。29飛が駒取りならば37飛は駒取りではないことになる。それでも29飛を優先をしなければならない状況とは何だ?

 ここで自玉の存在を考えてみる。
 そう、29の駒が自玉に王手をかけていれば37飛は指せない(王手の解除が優先される)ことになる。

 王手をかけている受方透明駒と自玉位置の組み合わせは、
(ア)自玉:56~92 / 29の受方透明駒:角(馬)
(イ) 自玉:19    / 29の受方透明駒:横に利きを持つ駒 なんでも

 ア、イのどちらか。
 どちらの初形配置であったかは4手目に判明する。

2020-06-02a.png

 3手目Xに対し、最終手18龍と応じた。これにより3手目が角打である可能性が消える。
 よって(イ)に決定し、自動的に自玉は19に確定する。
 さらにいえば初形で29地点にいた受方透明駒が成香に決まる(3手目が香打ちと解釈しないと、4手目には16玉を優先しなければならないため)。ここまで気付かれた方はきっとかなり透明駒に向いているタイプであるはずだ。
 
 
2020/06/02

Fairy TopIX 2019

 もう1つご挨拶が遅れました。
 先月20日 『Takubon's詰将棋』様にて『Web Fairy Paradise 第143号』が発行されました。毎年5月のWFPといえばFairy TopⅨ。ネット発表のフェアリー詰将棋の表彰がある月ですね。
 ありがたいことに今年は短編部門にで2作、自作が受賞いたしました。皆様、ありがとうございました。
 
 自作以外にもたくさんの作品が掲載されていますので是非一度ご確認ください(上のリンク先61p~)。

 ちなみに受賞した自作2つはいずれも透明駒使用の協力詰(ばか詰)になっておりますので、未見の方はもし良かったらご挑戦ください。「透明駒なんて知らないよ!!!」「透明駒のルールを再確認したいな」という方はこのあたりの記事を再チェック。


 上谷直希 2019/11 第117回WFP作品展 協力詰 5手(透明駒使用)
 透明駒 攻方2枚 受方2枚


2020-06-01b.png

→ 結果稿掲載号リンク 

 上谷直希 2019/8 第114回WFP作品展 協力詰 7手(透明駒使用)
 透明駒 攻方0枚 受方2枚

2020-06-01c.png

 ※受方持駒なし(少なくとも可視駒は無いという意味)

→ 結果稿掲載号リンク 
2020/06/01

「課題」を考える難しさ

ご無沙汰しております。
 さて皆様『詰将棋パラダイス 6月号』は届きましたでしょうか。

 学生の頃の月はじめといえば、詰パラ一色の生活でした。自作が載っているかなあ、なんか良い作品はあるのかなあとか考えながらずっと読み耽っていたものです。パラが届いても積ん読になるなんて考えられない……! みたいに思っていましたが、最近はそれに近い状態に陥っています。作品が頭に入ってこない……。投稿してないのに載っているわけない……。

 それは置いといて。
  
 6月の詰パラには同人室の作品が掲載されています。
 今回の課題は『対比』。課題提供者の名前が載っているわけですが、同人でもなんでもない私の名前になっています。不思議ですね。
 なんで私なのかは置いておいて、なぜこんな課題にしたのかの言い訳を延々と書こうと思います。

 Twitterを拝見すると、課題への反応はイマイチ…笑
 まず最初に言いたいのは、課題提供者本人はいい課題だと思って提示してたんですよ!!! 本当に。信じてください笑

 自分にとって創作上の課題ってのは、

・創作意欲をくすぐり、創作の邪魔にならない
・解答者がその課題を見ても致命的なヒントにならない、かつ作品の狙いに気付きやすくなる
 
 ってのが良いんじゃないかなあと思うんです。"対比"って如何用にも解釈可能な上、構図を制限しない。解答者は"どこに対比が潜んでいるかな?"と思いながら解図する。狙いに気づいてもらいやすくなるのでは?
 ……なんて考えていたと思います。
 
 ただ、この課題で作りやすいかどうかは、私の作り方(狙いを先に据えて、それに合う構図を考える)で邪魔にならないってだけで、すべての創作者に合うかどうかっていうのはまた別の話なんですよね……。
 自分のつくり方だと、「○○図式」などといった課題になると逆にめちゃくちゃ困るのですが、そっちのほうが相性のいい方も当然おられるわけで、嗚呼、課題設定は難しい。

---------

課題といえば、次回たま研作品展の課題も発表になっています。
 今回の課題は「ダブル」。
 2解はもちろんのこと、何かを2回やるとか、対子図式とか、その他諸々なんでも。如何用にも解釈可能な上、構図を制限しない課題になっています。一体誰が考えたんでしょうか(すっとぼけ)。
 どんな作品が集まるのか楽しみです。