2017/02/24

欲を出さないと面白い?(4)


 「かしこなフェアリー」(リンク先p13)宣伝も兼ねて、禁欲詰を久々に取り上げます。
 
※ちなみに、「かしこなフェアリー」解説担当は某とり研皆勤賞作家にお願いしています。自分ではないです(もう答え言ってるようなもんだな)。

【禁欲】駒を取らない手を優先する。
【最善詰】攻方は受方がなるべく早く詰むよう王手を掛け、受方はなるべく詰まないよう応じる。

※最善詰は、とりあえずここでは指定手数以内で詰ませる詰将棋と思っていただければ大丈夫です

 禁欲詰はかなり普通詰将棋に近い感覚のフェアリールールで、以下の2作もほぼ普通詰将棋とほとんど変わらない仕上がりになっています。収束に駒を捨てやすいのも、詰将棋っぽくて良いですね。

■禁欲最善詰 15手(Web Fairy Paradise 2015/11)
2017-02-11a.png

18飛、(イ)17馬、26銀、16玉、17銀、15玉、37角、26香、16銀、14玉、25銀、同玉、15飛、36玉、35飛 まで15手詰

(イ)16馬は26銀、14玉、15銀、13玉、23金まで。
(イ)17歩は26銀、16玉、17銀、15玉、16歩、14玉、15歩、13玉、23金。
(イ)17桂は同飛、16歩、26銀、26銀、14玉、15銀、13玉、23金まで。

 「フェアリー入門にかこつけて」のなかでは一番構想作っぽい?
 4手目16玉が不利逃避だというのが作者の主張です。初手の26銀は禁欲ルールのせいで取れないものの、飛筋を通してからの26銀は取ることができます。受方は馬を犠牲にしてその展開に持ち込もうとします。

 2手目は不利逃避の空間をつくるための移動中合と言えるでしょうか。

 なにかもう少し自然な配置にできたらorもっと逆算できたら、解答募集するところへ投稿しても良かったんですが…。とりあえず狙い部分が伝わればいいなと思います。



■禁欲最善詰 21手(Web Fairy Paradise 2016/5)
2017-02-11b.png

12角、11玉、23桂不成、(イ)同金、21角成、同玉、(A)22香、(ロ)11玉、12歩、22玉、33銀左成、21玉、22歩、同金、11歩成、同玉、22成銀、同玉、23銀成、21玉、22金 まで21手詰

(イ)4手目12玉は13香、21玉、11香成 まで
(ロ)8手目12玉は(13歩、11玉、12歩成、同玉)×2、23銀成、11玉、12金、
 10手目同玉も同様に持駒の歩を消去すれば23銀成が可能になる。

 20手目、21手目に非限定あり。

結果→ http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP95.pdf

 香先香歩。7手目の香打ちがそれです。1筋への香打ちを残したいように見える形なので、先に香を使ってしまうのはなかなかの不利感(があるといいな)。
意味付けが分かるのは12手目13玉の変化です。

2017-02-12b.png

 7手目に香を温存し(A)22歩とすると、ここの局面で(1)12地点の歩が香になっているか、(2)持駒の歩が香になっているか、どちらかの状態に陥ります。

 作意では持駒も12の駒も歩になるので、二歩禁で14歩の王手がききません。駒取り以外の王手候補が1つも無いので、23成銀の駒取りが可能です。しかし紛れ順になると、(1)でも(2)でも1筋に持駒を打つ手(=駒取り以外の王手)が残っているせいで、23成銀が着手不能になっているのです。

 二歩禁の作品は普通詰将棋でもありますが、自分で自分の首を締めるほうな意味付けはフェアリーならではと言えるのではないでしょうか。

 序6手の逆算はあまり狙いと関係ありません。しかし
◯香が必要な変化(イ)を盛り込むことで持駒に必然性を持たせた
(=香先香歩のためだけの持駒香と言われないようにした)
◯7手目の局面が初形だと
・初手にピークが来てしまうし
・当たり駒になっている中空の金配置が気持ち悪い

 という理由があったので入れました。守り駒は玉に隣接していたほうが据わりがいいですね。
 
 禁欲詰では19手目23銀生など、玉をひたすら追い回す迂回的余詰が無数に生じますがこれは最善ルールですべて割り切っています。禁欲特有の余詰を割り切るために最善ルールが必要になることは思ったより多くて、今後「禁欲最善詰」の出題は増えていくでしょう。






 以上、久々の禁欲でした。
 冒頭でも述べた「かしこなフェアリー」(リンク先p13)の締め切りは3/5(日)です。詳細はリンク先参照。解答お待ちしております!
スポンサーサイト
2016/01/10

欲を出さないと面白い?(3後)

前半は  http://fairypara.blog.fc2.com/blog-entry-26.html

再掲
2016-01-08a.jpg


(A)14飛、25玉、16銀、同桂 までで途中図1

2016-01-08g.jpg

作意順は単純ですが、(A)の紛れ順に禁欲詰らしさがあったね、ということを確認したのが前回。
以下途中図1での紛れを(B)と表記します。

(B)22飛成がダメだったので、(B)15飛としてみました。

2016-01-08i.jpg

同玉、12飛生!のところまではやりましたね。

13歩合は同飛成とすれば14金という狙いですが、同飛生と歩を取れば大丈夫。
じゃあもう詰み?いやいや、ここで作者の主眼の一手が出てきます(やっとか)。

13金合!

なんでしょうか、これは?
歩合より損しているように見えます。ですがその損こそ、受方の狙い。
同飛生に14金合とされてみると…?

2016-01-08j.jpg

渡された駒が歩ならば同飛成以外の王手がなかったのに、金を渡されたせいで25金を強制されてしまいます。同玉とされた局面はこれまで何度も遭遇した逃れ図。23飛成なら移動合、ナラズなら歩合ぐらい。

敢えて使える駒を渡して、駒を取らせない手筋。以下便宜上「譲渡手筋」と呼んでみます。これが作者の主張だったのです。

-----------------------

2016-01-08g.jpg

(B)22飛成もダメ(ナラズでもダメです)
(B)15飛も「要らない金」を渡されてダメでした。

ここでの正解は24飛~25飛と飛車を原形消去して途中図2へ向かうのが正解です。(B)22飛成の紛れで14飛が邪魔駒であることは明白で、15飛と単純消去を試みましたが一歩及ばず。そこで残るは急がばまわれの原形消去というわけです。

2016-01-08k.jpg

原形消去したことはどうその後に影響するのでしょうか?

これまでの教訓を活かし22飛「生」といきます。24合だと同飛成ですので23「金」と、例の譲渡手筋での抵抗。同飛生、24金合で変化図。

2016-01-08l.jpg

ここで15金としてしまうと先ほどと同様の手順で逃れてしまいます。
ですので35金とこちらから打って、15玉、25金です。同金なら13飛「生」(ご注意ください)。同玉ならば持駒の原形消去が果たせた形になり、めでたく24飛成と取れるわけです。(B)15飛と違って、持駒をそのまま消せるのが強みなのですね。


ここまでの理屈をまとめると、

14飛の
○単純消去 (B)15飛 → 渡された金の単純消去 → 逃れ
○原形消去      → 渡された金の原形消去 → 詰みへ



 このような対比が垣間見えると思います。

---------------------------------------------------

途中図2からの作意順を絞りこんでいきます。

先ほどの手順では22飛生への対応として金の連続合が現れました。意味合いとしては横利きがメインでしたので、まず真っ先に考えられるバリエーションとして、飛合が混じる可能性があります。他にも厳密に言えば色々変化の余地はありますが、動く盤で確認する程度で大丈夫です。

途中図2からの正解手順は

22飛生、23金、同飛生、24飛 となります。飛合の真意はすぐわかります。

以下これまで通り、35金、15玉、25金、同飛
逆王手がかかっているのでちょっと延命できますね。同飛成しかありません。

同玉と飛車を取った局面はちょうど途中図2の42飛を持駒に回収した形。これはなんとしても表現したかったところです。おかげさまで23飛と、譲渡手筋を拒否する短打が新たに可能になるわけですね。これまで取れずに悩まされていた24合が、ついに無駄合と化しました。

よって作意順全体は、14飛、25玉、16銀、同桂、24飛、15玉、25飛、同玉、22飛不成、23金、同飛不成、24飛、35金、15玉、25金、同飛、同飛成、同玉、23飛、15玉、24飛成、まで21手詰 です。



なぜか変化紛れがうまく動かない(なんとかするのが面倒くさい)ので、代わりに棋譜ファイルも上げときます。
21te.txt

この図は投稿図の別案です(http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP88.pdfで経緯を確認いただければ幸いです)。つまり出題→結果稿の流れを経ていないのです。もし解答募集をされていたならばどのような評価を受けていたのか、想像するしかない状況があります。もし良ければ、是非コメントやメールにて感想等いただければとてもありがたいです。よろしくお願いします。

------------------------

忘れていました。第一回の記事の解答です。

2015-12-24b.jpg

この図にて初手34香が限定打になる(35以遠が不詰になる)理由でしたね。
ここにも譲渡手筋が絡んでいたのです。
初手35香には34角!です。同香とすると、単純に34香と打った作意順より角が持駒に追加された形。ここで相手は32飛合と応じます。

2016-01-08d.jpg

作意順では同香成として簡単だったのに、角を渡されてしまっては角を打つよりありません。53角(どこでも同じ)、41玉、31角成、同飛でダメ。


以上、譲渡手筋を主に見てきました。この手筋は作者がひねりだした狙いというよりも、禁欲詰独特の生得的なものであります。
どうでしょう?禁欲、なかなか魅力的なルールだと思いませんか?
2016/01/09

欲を出さないと面白い?(3前)

欲をださないと面白い?(1)   
                (2)


去年つくった中では最も思い入れのある作品の一つかもしれません。最終的な出来はともあれ、苦労した題材です。以下は長くなりますが、もし良かったら是非読んでみてください。

上谷直希  禁欲詰 WFP作品展 72-2b (翻案)

2016-01-08a.jpg


http://k7ro.sakura.ne.jp/wfp/EnjoyWFP.html


象形っぽい初形。どうやっても詰みそうですが…?
まず初手の紛れ(A)を確認していきます。

(A)12飛成。これで簡単に詰むように思えます。
 結論から言いますと13に合駒されても14に合駒されても詰みません。簡単な14のほうで考えていきます。
 14合ならば金合が唯一の逃れ。同龍とできればいいものの禁欲ルールなので取れません。駒を取らないような王手が残っているからです。


16の退路を塞ぐ、駒を取らない王手といいますと17飛か16飛だけですね。16飛は25玉の一手ですが、次の手が15飛ともとに戻す手しかありませんから厳しそうです。17飛が妥当でしょう。

合駒ならいよいよ14龍とできて詰みますので逃げます。25玉、16銀、同桂で逃れ図1。

2016-01-08e.jpg

23龍なら24金で14龍を強制されます。
22龍なら、移動合には対抗できますが単純に歩合ぐらいでダメ。

このように、龍がどのように4段目に飛び込めるかが本作の争点となります。



先ほどの紛れでは、17飛とした手で逃げられて詰みませんでした。
ならば初手から(A)17飛としたらどうでしょう?先ほどと違って、逃げたら14銀で簡単です。

と言っても、単純な打合をしてしまえば12飛成から先ほどの手順に合流して詰みますね。
ここで16桂の移動合が出てきます。これに対しては12飛成ぐらいでしょうか。14に合駒してもらえれば詰むものの、13歩でもう全然詰まなくなってしまいます。

2016-01-08f.jpg

24銀を強制します(同龍とできれば簡単に詰むのに…笑)
24銀、25玉となった形はもう物理的に王手のかけようがありません。この紛れで桂馬の存在感を主張したかったわけです。

ここまでがまず第一の紛れ。


------------------------------

そんなわけで初手はビタッと14飛が正解となります。成れない位置への限定打ですが、「もったいない」感はありますでしょうか?以下25玉、16銀、同桂で途中図1へ。

2016-01-08g.jpg

ここまでくればもうどうしようもなく詰みそう。いやいや、ここからがしんどいのです。

22飛成といきます。それに対しては24金合(限定合)。よっしゃ同龍…とできません。

15飛が強制ですからね。以下同玉で逃れています。

2016-01-08h.jpg


13龍なら移動合。12龍なら14歩。逃れ図1と同様の理屈です。


ではさきに15飛としたらどうでしょう。同玉の一手。

2016-01-08i.jpg

さすがに12飛成で終わりでしょうか?いいやまだまだ。13歩があります。

同龍、14金とされた局面は24龍を強制されてしまっていて逃れ。龍を引きつけるための中合だったのですね。

------------------------

勘の良い方ならお気づきでしょうが、ここでついに攻方の奥の手を披露しましょう。

12飛生!これでは13歩と引きつけようが全くの無駄です。
どうしたものでしょうか。

長くなってきたんで一旦切ります。明日また上げますんで汗
2016/01/05

欲を出さないと面白い?(2)


 今回のテーマは「敢えて攻方の選択肢を増やす」です。
 そして修正図のほうも知ってもらいたいと、そういう魂胆でもあります笑

 禁欲最善詰 19手 (WFP作品展73-2 ※修正図)
2016-01-05a.jpg

〔禁欲〕駒を取らない手を優先する。
※最善詰は、とりあえずここでは19手以内で詰ませる詰将棋と思っていただければ大丈夫です。


 流れを追いやすいように途中図多めでいきます。

 初手は21銀不成しかありません。まず簡単な変化から考えていきます。
 11玉には12銀成です。同玉の一手。

2015-12-23a.jpg

 初形から銀が消えた形になりました。こうなると駒取り以外の選択肢がなくなって一転23桂成が可能になり、その上相手はこの成桂を取れませんので以下簡単に詰みます。
 
 このように攻方は駒取りの一手となるような局面を目指して金を取ろうと目論み、受方はこの金を取られまいと必死に抵抗します。この方針を頭に入れて手順を追っていきましょう。

------------------------

 初手21銀不成に22玉はちょっと複雑ですが早く詰みます(フラ盤を参考にしてください)。よって13玉と逃げるのが正着です。これに対しては24の退路を塞ぐため35角とします。

2015-12-23b.jpg

 逃げても13角成、11玉、12馬で簡単ですので合駒です。
 ただしかし単純に24歩合とすると、12銀成から23桂成とやっぱり金を取られてしまう。
 よってここは24金の移動合が正解。取られそうな金を逃がします。

 以下12銀成、同玉。
 23桂成は11玉で少し届きません。よって34角です。

2015-12-23c.jpg

 逃げると早詰(一番下に変化として並べています)。
 単純な合駒は同桂成とやっぱり駒取りが決まります。万事休すのようですが…?

 ここでは23金!の移動合が禁欲を逆手にした背水の陣の一手。
 先ほどと同様、同桂成で簡単なように見えます。しかしここでは新たに13角成という、駒を取らない王手が生まれています。「駒を取らせないため敢えて攻め方の選択肢を増やす」とは、この手を指していたのでした。 

2015-12-24c.jpg

 13角成を強制されたわけですが、これに対して11玉されたら12馬として、今度こそ金を取れるだろうというのが攻め方の考え。それを見越して受方は21玉とよろけて、32歩成とさせてから11玉と決めます。

2015-12-23e.jpg

 攻方の戦力をわざと強くさせました。一見不利なようですが、先ほどの候補手だった12馬に対しては同玉として、▲22とがあるせいで23桂成とできなくなっているのですね。

 以下は収束。

 22と、同金、12角成、同金、23 桂不成、21 玉、31 馬 まで 19 手詰


 下のフラ盤で全体の手順を並べられます。



 21銀不成、13玉、35角、24金、12銀成、同玉、34 角、23金、13角成、21玉、32歩成、11 玉、22と、同金、12角成、同金、23桂不成、21玉、31馬 まで 19 手詰

※各変化はフラ盤参照。

 結果稿はhttp://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP86.pdf の18pから。
 修正前の図が載っていますが、修正の経緯などは第89号のほうを確認していただければ幸いです。
2015/12/30

欲を出さないと面白い?

 
 実家からの更新。

タイトルのココロは「指し手を制限することは面白さを制限することになるか?」です。
それに対する私の答えはもちろんNO。特に対抗系(相手が抵抗する)のルールでは、その制限を逆用するような抵抗が生じてなかなか面白いのではないかと考えています。その面白さを伝えられたらいいなと思い記事に着手した次第です。
 (果たして自作はその面白さを少しでも引き出せているのでしょうか…汗)


 そんなわけで今回のテーマは禁欲詰です。お互いに禁欲ルールが課せられた以外は普通の詰将棋と変わりありません。

〔禁欲〕駒を取らない手を優先する。

 よく似たルールに「取禁(駒取り一切禁止、ただ詰みの概念は普通と同じ)」がありますが、取禁に比べ禁欲は駒を取る手しか合法手が無いときは駒を取ってもいい点で異なります。逆に言えば、取禁ルールとの差別化を図るためにも、禁欲ルールでは駒取りに関わる点が焦点になることが多いとも言えます。

 まずは軽いものから。

 禁欲詰 9手 (WFP作品展73-1)
2015-12-24b.jpg


 金が動けるようになれば32金までですから、初手は33香としてみたいですよね。この手に対し逃げれば香成から簡単です。
 しかし33香に対しては32歩合ぐらいで困ります。

2015-12-24a.jpg

 同香成でも同金でも詰むのに、「22金」という駒を取らない手のほうを選ばざるを得なくなっているのです。以下41玉、31金、同玉でダメですね。

 23の金も攻めに参加してもらわないと詰まないだろうけど、下手に金を自由にしてしまうと、22金という選択肢が増えてしまう。アンビバレントな状況だったわけです。

 初手は34香と一つ控えて打ってみましょう。32歩合に対しては(22金の選択肢が無いので)同香成とできます。ここが33香との違い。
 では33歩合では…?これは23の金のピンが外れますので、32金までの詰みですね。このように、自分からアンピンを図るのではなく、相手にアンピンの如何を委ねるのが解決法で、後出しジャンケン的な表現が本作の狙いだったのでした。

 ここでは33金と逆王手して同香を強制するのが一番の延命策です。しかし攻方は単純に初手33香とするより金を得したことになります。以下はそれっぽい収束。

正解手順は

 34香 33金 同香生 32飛 22金 41玉 52金 同飛 31金 まで 9手詰となります。

 2手目の逆王手は飛車でもできますが、それだと5手目に合駒する飛車が尽きてしまいます。飛車温存のための金合なのでした。

 結果稿は http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP86.pdf の 17pから。

 ところで、初手は34以遠ならばどこに打ってもいいのでしょうか?いえいえ、実は初手は34香以外は不詰なのです!35以遠に打ってしまうと金輪際詰みません!
 一体なぜ?その理屈はまた今度の話題にさせてください。というのも、その原理を主眼にした自作もありますので、それを取り上げるときに一緒に話せたらと思います。……こんな感じで来年につなげる形で締めましょうかね。鬼に笑われそう。

----------------------------

 2015年ももうすぐ終わりですね。本ブログもこれが今年最後の更新です。

 私としては、今年は多くのことにチャレンジできた一年だったと感じています。そして多くの方に支えていただいた一年でもあります。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。