2016/09/28

透明駒各論


 とり研で透明駒についてもお話させていただいたのですけど、どんな話をしていたのか、その一部をざっくりご紹介させていただきます。

 今回の記事では、透明駒が初めての方でもなんとなくは伝わるような文章にしてみたつもりです。

----------

 透明駒とは、盤にあるか持駒にあるかも分からない透明な駒です。
 ただ、透明駒を着手したこと、透明駒が駒を取ったことだけは分かります。そして着手を重ねていくなかで、駒種と位置の両方が判明すれば透明駒ではなくなります(そりゃそうか)。

 例えばこんな図があったとします。
2016-09-28f.png

 (0+1)というのは詰方に0枚、受方に1枚透明駒があるという意味。
 
 透明駒が無い局面として考えると、16金までの1手詰となりますが、透明駒があってはそうはいきません。それに対しては「+16」と返されます。16地点で透明駒が駒を取ったということです。この着手の時点では、透明駒は位置は分かったけど駒種は分からないという扱いになります。

 同じ要領で、今度は「24銀、+24、16金、+16」としたとしましょう。
 相手の透明駒は1枚なので、1枚で金と銀を取ったということになります。これが可能なのは桂馬だけ。駒種が確定して、地点も確定したのですから透明性は喪失して今現在の初形はこんな局面ということになります。

 これを応用して詰将棋をつくるとしたら、たとえばこんな感じ。

【例題】
2016-09-28h.png

ばか自殺詰 = 王手の連続で自玉を詰ませる。
46銀、+46、58金、+58(同桂成) まで4手詰

 同一作があるかも。
 透明駒を判明させれば詰将棋も解けるといった方針の創り方も多いです。

----------

さてもとの局面に話を戻して、「ここで透明駒が2枚ならどうなるのだろう?」と考えました。つまり盤面はそのまま、受方の透明駒を2枚に増やし、「24銀、+24、16金、+16」と同様の手順をしたとして、
 
2016-09-28a.png


こんなふうなのか


2016-09-28g.png

こんなふうなのか


 つまり①金と銀をそれぞれ別の駒で取ったのか、②一枚の駒が両方を取ったのか分からないではないかと思ったのです。当然、分からないので透明駒は透明駒のまま。確定するまでは透明性は消えませんね。

 解決案は簡単で、持駒にもう一枚銀を増やして、もう一回24銀としてしまえばいいのです。②のほうの局面ならば、二回目の24銀は駒がいるところに駒は打つ反則。逆に言えば24銀を打てた時点で②の可能性は否定される。玉方は1枚の透明駒で金銀を連続で取ったと言わざるを得ません。つまり、二回目の24銀を打った瞬間16X=16桂が確定する、というロジックになります。
 こうやって「手順から透明駒のヒントを得ていき、透明駒の正体を探っていく」のが透明駒を解図・創作していく上での基本姿勢ではないかなあと思っています(もちろん、透明駒を判明させるのが目的でない作品もあります)。

 同一地点の捨駒を繰り返し、複数枚ある透明駒を区別しようとする狙い。この狙いを実際に活用してみたのが以下の一作です。

上谷直希作  第76回WFP作品展
2016-09-28b.png

 
 創作上は33の玉が非常に重要な役割を果たしています。
 透明駒で自玉が配置されていれば、その自玉を使っても透明駒の情報を得ることができるということを是非覚えておいてください。

 初手は13歩。これは打歩詰ではありません。
 透明駒の存在下では、「着手可能ならばどんな王手をしてもいい」という大原則があります。この鉄則を本作に応用してみると、13歩と着手できた時点でこの手は合法であり、後手側としては13地点に透明駒の利きがあることを勝手に決められてしまったということになります(13地点に透明駒の利きが無いことを証明されてしまった後では、13歩という手は正真正銘の打歩詰となり指せません)。

 一見無理っぽい着手を敢えて選択するのが透明駒解図のコツです。透明駒の判明により効率よく近付けるというわけですね。

 13歩に対しては+13(13地点で「同透明駒」ということ)しかないですね。あとは冒頭で述べた「同一地点への捨駒」になるように、24桂、+24、13歩、+13と捨てていきましょうか。

 ……はい。これで2枚の透明駒それぞれの種別がほぼ決まりました。
 たったこれだけの手順で、です。

 順を追って見てきましょう。
 
 2回目の13歩をしたおかげで、2手目と4手目が同じ駒であることが分かりました。この透明駒をA、残ったもう一方の透明駒をBと呼ぶことにします。
 Aは少なくともナナメ前に利きを持ちます。そして2回目の13歩を決行したとき、Aは24地点にいます。

2016-09-28e.png

 王手放置は反則ですから、Aはナナメ後ろへの利きを持ちません。
 よって、Aは金(もしくは小駒の成駒)であることがわかります。
 Aが金なのか、と金なのか、成桂なのか、そこまでの情報は必要ありません。必要だったのは、Aがナナメ後ろに利きを持たないということ。つまり、6手目の+13はAによるものではなく、Bによるものだという情報です。

 Bは何でしょうか?そもそも、Bはどの地点から13へ移動してきたのでしょう?
 21地点からの「同桂」でしょうか?しかしこれは初形から王手がかかっていて初手の13歩が王手放置の反則です。23地点からの同金(その他諸々の駒種)も、同様の理由でありえません。
 24地点が埋まっているので、銀や角の可能性も無い。

 よってBは1筋にいる飛車(龍)か金です。

 しかしよく考えてみると、Aがもともと居た地点は14でしかありえないことも分かっています(23地点なら初形で王手がかかっていることになる。双玉配置での透明駒の意義がここでも発揮されますね)。よってBは15~19にしか初形で存在できません。

2016-09-28d.png

 15~19地点から13地点の駒を取れる駒は飛車か龍しかありえません。

 6手目+13の時点ではBの成生は分かりませんが、同銀成と取ってしまえば飛車が手に入ることに違いがありません(持駒になった時点で、Bの透明性は消失します=普通の飛車として使えます)。

 あとは収束。

 作意順:13歩 +13(=A)24桂 +24(=A) 13歩(24のA=金or成金) 同B(=龍or飛)
同銀 同玉 12飛 同玉 22角成 まで11手


------------

 各論ということで、テーマを思いつき、そのネタで作品をつくる過程をご紹介させていただきました。「こうしたら透明駒はどういう挙動をするんだろう?」といった素朴な疑問から作品のネタが生まれるということ、ネタはまだまだそこらじゅうに転がっていることを伝えられていたらいいなと思います。
スポンサーサイト
2016/03/14

透明駒の受賞作

 
 4月になったら忙しくなりそうなので、3月のうちに更新数を稼いでおこうと思います(笑)


 このブログで透明駒の話題といったら自作ばかりでしたので、私以外の作者の方の作品もご紹介します。今回紹介させていただきますのは、Fairy TopⅨ2014の短編部門で見事第1位を獲得された、會場健大氏の作品です。

 成禁ばか詰 7手(双方持駒なし
 (双方に透明駒が1枚ずつ)

2016-03-13a.png

成禁=成る手禁止
透明駒のルールについては
 http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP83.pdf 
 http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP91.pdf
  などでご確認ください。

 早速手順のほうを見ていきましょう。
 ↓(scroll)









 正解順 : 82角 -X 93角 -X 84角 38玉 39飛 まで 7手
       ※成禁なので不成表記は省略

 透明駒を使った作品では1手1手の目的、意味をつぶさに解析していく姿勢が求められます。順々に解きほぐしていきたいですね。

 まず初手82角。なぜここに開く必要があるのかはまだ分からない段階ですが、ひとまず開き王手であることは間違いありません。よって3筋には攻方の飛車か龍がいることが分かります。そして2手目が3筋への着手であることも同時に判明します(合駒か駒取りかどうかはまだ不明)。

 次に93角としてみます。それに対しての4手目の-Xは(角が盤面から消滅していないこともあり)透明駒による合駒です。しかしどの地点へ合駒されたかはこの時点では分かりません。
 しかし5手目84角としてみると、84に合駒されていたことが判明します。

-----------------

 ここまで、手順の表層を追っていきました。
本来ノーヒントで透明駒を獲得したとしても、その駒種を判明させることはできずうまく攻駒として活用できないはずです。しかし7手目で示されているように、獲得した透明駒は飛なのだと断言できてしまっています。一体どうして分かったのか?この分析こそが本作のキーポイントと考えることができそうですね。

------------------

 受方の透明駒はどういう挙動をしていたのか?
 2手目で1枚の透明駒が受けに投入されていることは言うまでもありません。特に問題となるのは3手目です。ここでの透明駒の使われ方を分析することで、持駒:飛の謎も、角の限定移動の謎も解明できそうです。
 
4手目の応手の可能性として、
1)2手目に取った透明駒を打って合駒した
2)2手目の透明駒での移動合

 のどちらかです。いずれにしても、2手目で攻方の透明駒は取られていることになりますね。
 本作の面白いところは、最後まで(1)か(2)か分からないまま終止すること、そしてそれなのに5手目に入手するのは飛であることだけは決まっていることです。

 まず手順が(1)だったとすると、取った透明駒はもともと攻方の透明駒であるわけです。そしてそれは飛か龍であったことはわかっていますので、(1)ならば合駒は飛でしかありえません。そしてこの順ならば4手目でどこに合駒しても構わないということになりますが……?
 次に(2)の可能性。3筋から93角の王手のラインへ移動合しうる受方の透明駒として、角(馬)、飛(龍)、桂のいずれの可能性もあります。そしてこのように透明駒の種類が定まっていない状態では、7手目で駒種を確定させることはできません。
 よってどこで透明駒を取るかが非常に重要になってくるのです。確かに3筋から84地点へ移動できる駒は飛(龍)しかありませんね。駒種を絞り込むための84への中合、そしてこの中合を実現するための初手限定移動だったのです。

 例えば75地点への移動合ならば角でも可能です。
 
2016-03-14a.png

 こんな感じ。2手目は31にいた飛(龍)を角(馬)で取っていることになります。

 かくして、取ったのはいずれにしても飛車という手順を構築することができました。

-------------------
 
恐らく(2)のロジックが創作の起点と思われます(違ったらごめんなさい)が、(1)の可能性も否定できないともなれば透明駒の唯一性が揺らぐわけで、「これはまとめきれない」と諦めてしまうのが普通の思考だと思います。この問題を握り潰すのではなく、「過程は分からないが結果だけは分かる」といった個性的な狙いに昇華させてしまう発想の転換……。驚かされました。
2016/01/29

フェアリー入門:透明駒(2)


【透明駒】位置・種類が不明の駒。
着手の合法性、攻方王手義務を満たせる可能性があれば、それを満たしているものとして手順を進めることができる。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/wfpr2015.pdfより

詰将棋 5手(1+1) 〔2015/9 WFP フェアリー入門〕

2016-01-29c.jpg

 紛れがないので投稿してしまいましたが、変化がひたすらややこしいので難しかったかもしれません。ただ狙い自体は明快です。

 ばか詰ではないので相手は抵抗してきます。


 初手は-Xしかありません。(-Xの表記では駒取りはありえないので)1筋からの王手であることは分かります。しかし分かるのはそれだけで、どこから、何で王手しているのかは皆目見当がつきません。そしてこのことは攻方、受方双方に言えることです。攻方の手を規定できるのは攻方だけではないのです。後手も抵抗するわけですから、透明駒をいかにコントロールするかが双方にとって争点となるわけですね。

本作は2手目の応手がすべてです。順に考えていきましょう。

○-X
 2通りに大別できます。
(1)初手で王手した透明駒を透明駒で取った
(2)透明駒の王手に対し透明駒で合駒した


 (1)ならそりゃあもう金輪際詰みません。こちらと決まってくれれば受方としても嬉しいわけです。
 しかし、さらに3手目-Xとされてしまうと(1)の可能性が消えてしまいます(取られた駒で王手できるわけがない→王手できるということは取られていない)。
 よって1~2手目の手順が(2)で確定してしまいます。その上、3手目に受方透明駒も取られていることまで確定しまい途端に受けなし。最悪です。

 3手目の-Xの返し技で早詰となりました。

-------------------------

「-X」がだめなら適切な応手はもはや合駒しかありません。そして合駒した瞬間、初手は1筋の香か飛か龍によるものだったとわかります。

○12合 
 +12と返してしまうとマズイ。透明駒で取り返されてしまいます。

2016-01-29d.jpg

 こんな局面だったのだと受方に主張されるわけです。
 ですので12合に対しては同桂成としましょう。12に利きの届く透明駒の存在はありえないのでこれで詰みです(2筋のやたら大仰な壁が作意成立に必須な理由の1つにこの変化があります。すぐかしこは詰まなくなってしまうので…)

○中合
 例えば13歩とでもしましょうか。取っても良さそうですが、もっと効果的に相手を追い詰める王手があります。

  この瞬間での-X!是非覚えていただきたい手順です。

  「え、でも初手に王手した透明駒は13より下にいるはずで、その駒が王手しようと思ったら+13しかないんじゃないの?」
  確かにその通り。だからこそ、-Xの着手は初手の透明駒によるものではありません。
  しかし、攻方には当初1枚しか透明駒はなかったはず。一体どこにもう1枚の透明駒があるのか?
 

  そう、「初手に相手の透明駒を取って、それを使った」と主張しているのです。

2016-01-29a.jpg
 1筋の2枚の香が双方の透明駒だったとして、こんな初形が想像できます。

 相手の透明駒を無効化して、こちらの戦力は増える。説明不要の強力さです。

  『-X、13歩、-X』とした局面は、実はもう詰んでいるのです。うーん、強い。
 2手目金合と頑張ってみても、『-X,13金合,-X,12金,+12』で同手数駒余り。これはどの地点の中合でも言えることです(例:『-X,14金合,-X,13金,+13』)。相手の透明駒を奪ってしまっているので、受けようがありません。

-----------------

 すべての応手が尽きてしまったように思われます。
 それもこれも、相手の透明駒を取って、それを使う手筋があまりに強力すぎて、透明駒を奪われてしまうことが確定してしまうのが悪いのです。なんとかこの手筋を回避する方法はないでしょうか?

------------------------

 駒を取られないためにはどうしたらいいのか?
 ものすごい初心的なところに戻ることができるのが透明駒の面白さでもあります。普段、我々はどうやって駒を取っているのか?当たり前すぎてスルーしがちですが、駒取りのためには、駒を取る主体が盤に必要なのです。つまり、初手を持駒由来だと主張してしまえば、駒取りの可能性が消え、前述の手筋を使えなくすることが可能になります。 

 
 2手目の応手、正解は18飛!です。

 
 これによって初手は19からの王手だったことを確定させてしまいます。
 19にあった透明駒を9段目の透明駒(飛または龍)で取った可能性は、飛車を品切れにすることで消してしまいました。
 だから初手は19香で確定です(透明性は消失します)。盤の香を動かして「19香」という着手をするのは不可能ですから、この香は持駒由来ということになり、初手の駒取りの可能性も潰えます。

 よって3手目に-Xとすることがやっとのことで不可能になったわけですね。
 18飛合に対しては同香しかありません。

 正解順は-X , 18飛 , 同香 , +18 , 12飛 まで5手詰 となります。

 飛車を品切れとすることで延命した玉方ですが、皮肉にも4手目の透明駒が飛車ではないことも同時に示されてしまいました。よって最終手を透明駒で取り返すことはできず詰みとなっています。

  結果稿 → http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP90.pdf

 もっと入門チックな問題を出すべきだったのかもしれませんが、そのルールを面白いと思ってもらえないと、いくらルールを理解したところで始める意欲は出てこないでしょう。易しさと内容を兼ね備えた作品が1つの目標ですかね。

 透明駒の創作は、自分を試されているような気がします。ポテンシャルが青天井なルールを前に、自分はどこまで盤面を把握できているのか?自分の力が内容に直結するルールです。まだまだ力不足(まあ全部のルールで言えることですけど)。
2016/01/25

フェアリー入門:透明駒

透明駒のルールについては(私の駄文でいいならば)WFP今月号をご参照ください。

【透明駒】位置・種類が不明の駒。
着手の合法性、攻方王手義務を満たせる可能性があれば、それを満たしているものとして手順を進めることができる。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/wfpr2015.pdfより

ばか詰 5手 (2+1) 〔2015/9 WFP フェアリー入門〕

71q.png


※透明駒は攻方に2枚、受方に1枚あります。
 透明駒余りは現行のルールでは問題ありません。
 受方透明駒は「残り全部」で見えていないということにしてください。



 桂の利きによる王手ができないので、初手は透明駒の力を借りた王手しかありません。
 では初手は-Xでしょうか?確かに有力な手段です。
 例えば-X,23金,+23,14玉,24金とか?詰んでいるように見えますが、これには+24と対応されてしまいます。攻方の透明駒をうまく利用することはもちろんのこと、同時に玉方の透明駒を如何に無効化するのかが鍵となりそうです。

 -Xに対する応手は色々ありますが、どれもこれも受方の透明駒がはっきりせずうまくいきません。と言っても王手はこれ以外にない…?いや、あります。

 正解は35桂!これも王手になっているのです。

 要するに、2筋に香か飛(龍)の透明駒がいて、初手は開き王手だったと主張するわけです!初めての方はびっくりする筋かもしれません。
 それに対しては15玉と逃げて、続けざまに23桂成!今度は5段目の飛を主張してみましょう。

 全体の手順としては 35桂、15玉、23桂成、14玉、24成桂 まで5手詰 となります。

2016-01-25a.jpg


 2筋に縦の利き、5段目に横の利きが存在していることはこれまでの手順で示しています。このスッカスカに見える詰め上がり図でも一応15は埋まっていて、24の成桂にヒモはついているので案外包囲網はしっかりしています。

 ただ、ちょっと待ってください。

 攻方の2枚の透明駒を明らかにしたのは分かりました。でもこれでは、受方の透明駒の所在は分からずじまいではありませんか。24の成桂を+24とする受けは残っていないのですか?

 この疑問こそが作者の主張。実は23桂成の瞬間、受方の透明駒はすでに盤面にはないことが示されてしまっているのです!

 これまでの手順で判明した透明駒を適当に配置して初形を推理してみましょう。
 
2016-01-25b.jpg

(あくまで一例です)


 2筋の香は別におかしくはありません。しかし5段目の飛(龍)、これはとてもおかしい。王手放置の違法局面になってしまうではありませんか。いくら透明駒が変なルールだったとしても、出てくる局面は合法局面のはずです。なにか辻褄合わせをせねばなりません。そこで活躍するのが受方の透明駒というわけです。

2016-01-25c.jpg


 受方の透明駒(一例として歩)を35に配置してみました。なるほど、こうすれば作意順は実現可能です。

 「え、受方の透明駒は35~85のどこでもいい(だから35とは限らない)んじゃないの?」と一瞬考えてしまいますが、初形が王手放置の違法局面ではない上で3手目が王手となるためには受方の透明駒は35地点ですっぱ抜かれるしかありません。よって受方の透明駒が取られたことは確定です。

 受方の透明駒もなく、その上で玉の退路もないのですから、正真正銘詰みだと言える……と、そういう理屈だったわけですね。
 
 慣れた方なら一目の手順でしょうが、手順に統一感があるのでまあ及第点ではないかなと思います。

 本作の検討に関わってくださった皆様、ありがとうございました。