妖精賞とか看寿賞とか

感想
07 /04 2016

感想もといごあいさつ第二弾です。

■看寿賞
 受賞者のみなさん、おめでとうございます!
 中編賞の作者さんに詰パラの購読を勧めたのは僕です!(だから何なんだ)


 ツイッターの方でも書いた通り、受賞作品の傾向が変わってきた印象がありますね。
 新しい選考委員の方が入ったということもあるでしょうけども、時代の流れでもあるのかもしれません。

 そして何より短編部門で自作が結構なところまで残っていたのが本当にビックリしました。
 狙いはともかく、いかんせん手順が軽めなのでヤン詰に投稿した作品です。それが高校に採用され、春霞賞候補になり、看寿賞候補になり…。一作で3回驚くことは今後そうそうない経験でしょうね笑
 
 選考記事を読む限り、特に最終手の非限定が不評だったようです。
 そうですね…、直せるなら直したいですよね。ただもちろん無傷で直るわけではないでしょうし、どうせ配置が汚くなって修正するとしたら初手の打ち場所も香の成生もガチッと限定させないと中途半端です。でも配置駒が増えるとより一層手順の軽さが悪目立ちする…。
 つまり、つくり直すとしたらもはや別作としてつくったほうがいいということになります。

「汚くせずに修正できないの?」と思われそうですが、多分できません。配置は相当汚くなりそうです。実際にやってみたわけではないけど。
 投稿用紙に「より一層手順を複雑化する選択肢もある。でも本作のような(最小単位での)発表にも意味はあると思う」みたいなことを書いたのはそんな事情でした。

■妖精賞
 中編部門で受賞いたしました。ありがとうございました。


 PWCにしては易しい手順です。このルールは初という方にも、盤面で並べてみてもらえればと思います。収束の入りにちょっと考えるところがありますが、それ以外で解説するところはありません!


■詰パラ7月号
 結果稿ではデパ3が好き。こういうのが好き。
 
 FL出題稿の④は初期の作品のはず。というか以前既に出題されていたような…?


■私信
・全国大会行けません!
 来年は学生最後の夏。来年こそは…!

・ブログ10000アクセス突破してました。
 いつの間にか。
 ありがとうございます。


スポンサーサイト

ue

自称フェアリストです