透明駒各論

透明駒
09 /28 2016

 とり研で透明駒についてもお話させていただいたのですけど、どんな話をしていたのか、その一部をざっくりご紹介させていただきます。

 今回の記事では、透明駒が初めての方でもなんとなくは伝わるような文章にしてみたつもりです。

----------

 透明駒とは、盤にあるか持駒にあるかも分からない透明な駒です。
 ただ、透明駒を着手したこと、透明駒が駒を取ったことだけは分かります。そして着手を重ねていくなかで、駒種と位置の両方が判明すれば透明駒ではなくなります(そりゃそうか)。

 例えばこんな図があったとします。
2016-09-28f.png

 (0+1)というのは詰方に0枚、受方に1枚透明駒があるという意味。
 
 透明駒が無い局面として考えると、16金までの1手詰となりますが、透明駒があってはそうはいきません。それに対しては「+16」と返されます。16地点で透明駒が駒を取ったということです。この着手の時点では、透明駒は位置は分かったけど駒種は分からないという扱いになります。

 同じ要領で、今度は「24銀、+24、16金、+16」としたとしましょう。
 相手の透明駒は1枚なので、1枚で金と銀を取ったということになります。これが可能なのは桂馬だけ。駒種が確定して、地点も確定したのですから透明性は喪失して今現在の初形はこんな局面ということになります。

 これを応用して詰将棋をつくるとしたら、たとえばこんな感じ。

【例題】
2016-09-28h.png

ばか自殺詰 = 王手の連続で自玉を詰ませる。
46銀、+46、58金、+58(同桂成) まで4手詰

 同一作があるかも。
 透明駒を判明させれば詰将棋も解けるといった方針の創り方も多いです。

----------

さてもとの局面に話を戻して、「ここで透明駒が2枚ならどうなるのだろう?」と考えました。つまり盤面はそのまま、受方の透明駒を2枚に増やし、「24銀、+24、16金、+16」と同様の手順をしたとして、
 
2016-09-28a.png


こんなふうなのか


2016-09-28g.png

こんなふうなのか


 つまり①金と銀をそれぞれ別の駒で取ったのか、②一枚の駒が両方を取ったのか分からないではないかと思ったのです。当然、分からないので透明駒は透明駒のまま。確定するまでは透明性は消えませんね。

 解決案は簡単で、持駒にもう一枚銀を増やして、もう一回24銀としてしまえばいいのです。②のほうの局面ならば、二回目の24銀は駒がいるところに駒は打つ反則。逆に言えば24銀を打てた時点で②の可能性は否定される。玉方は1枚の透明駒で金銀を連続で取ったと言わざるを得ません。つまり、二回目の24銀を打った瞬間16X=16桂が確定する、というロジックになります。
 こうやって「手順から透明駒のヒントを得ていき、透明駒の正体を探っていく」のが透明駒を解図・創作していく上での基本姿勢ではないかなあと思っています(もちろん、透明駒を判明させるのが目的でない作品もあります)。

 同一地点の捨駒を繰り返し、複数枚ある透明駒を区別しようとする狙い。この狙いを実際に活用してみたのが以下の一作です。

上谷直希作  第76回WFP作品展
2016-09-28b.png

 
 創作上は33の玉が非常に重要な役割を果たしています。
 透明駒で自玉が配置されていれば、その自玉を使っても透明駒の情報を得ることができるということを是非覚えておいてください。

 初手は13歩。これは打歩詰ではありません。
 透明駒の存在下では、「着手可能ならばどんな王手をしてもいい」という大原則があります。この鉄則を本作に応用してみると、13歩と着手できた時点でこの手は合法であり、後手側としては13地点に透明駒の利きがあることを勝手に決められてしまったということになります(13地点に透明駒の利きが無いことを証明されてしまった後では、13歩という手は正真正銘の打歩詰となり指せません)。

 一見無理っぽい着手を敢えて選択するのが透明駒解図のコツです。透明駒の判明により効率よく近付けるというわけですね。

 13歩に対しては+13(13地点で「同透明駒」ということ)しかないですね。あとは冒頭で述べた「同一地点への捨駒」になるように、24桂、+24、13歩、+13と捨てていきましょうか。

 ……はい。これで2枚の透明駒それぞれの種別がほぼ決まりました。
 たったこれだけの手順で、です。

 順を追って見てきましょう。
 
 2回目の13歩をしたおかげで、2手目と4手目が同じ駒であることが分かりました。この透明駒をA、残ったもう一方の透明駒をBと呼ぶことにします。
 Aは少なくともナナメ前に利きを持ちます。そして2回目の13歩を決行したとき、Aは24地点にいます。

2016-09-28e.png

 王手放置は反則ですから、Aはナナメ後ろへの利きを持ちません。
 よって、Aは金(もしくは小駒の成駒)であることがわかります。
 Aが金なのか、と金なのか、成桂なのか、そこまでの情報は必要ありません。必要だったのは、Aがナナメ後ろに利きを持たないということ。つまり、6手目の+13はAによるものではなく、Bによるものだという情報です。

 Bは何でしょうか?そもそも、Bはどの地点から13へ移動してきたのでしょう?
 21地点からの「同桂」でしょうか?しかしこれは初形から王手がかかっていて初手の13歩が王手放置の反則です。23地点からの同金(その他諸々の駒種)も、同様の理由でありえません。
 24地点が埋まっているので、銀や角の可能性も無い。

 よってBは1筋にいる飛車(龍)か金です。

 しかしよく考えてみると、Aがもともと居た地点は14でしかありえないことも分かっています(23地点なら初形で王手がかかっていることになる。双玉配置での透明駒の意義がここでも発揮されますね)。よってBは15~19にしか初形で存在できません。

2016-09-28d.png

 15~19地点から13地点の駒を取れる駒は飛車か龍しかありえません。

 6手目+13の時点ではBの成生は分かりませんが、同銀成と取ってしまえば飛車が手に入ることに違いがありません(持駒になった時点で、Bの透明性は消失します=普通の飛車として使えます)。

 あとは収束。

 作意順:13歩 +13(=A)24桂 +24(=A) 13歩(24のA=金or成金) 同B(=龍or飛)
同銀 同玉 12飛 同玉 22角成 まで11手


------------

 各論ということで、テーマを思いつき、そのネタで作品をつくる過程をご紹介させていただきました。「こうしたら透明駒はどういう挙動をするんだろう?」といった素朴な疑問から作品のネタが生まれるということ、ネタはまだまだそこらじゅうに転がっていることを伝えられていたらいいなと思います。
スポンサーサイト

第二回 とり研(後)

イベント
09 /20 2016

 前回の続きです。
 
 まずは鬼の作例をご紹介。

 石黒誠一氏作(詰将棋パラダイス・1996年2月)
 かしこ詰 7手  

 2016-09-19a1.png
フェアリー駒がある局面の作成って絶対面倒だろとか思ってましたけど、意外と簡単にできました

ルール考案者である石黒さんの作品です。
 
 初手からいきなり23桂を決行してしてまうと、単純に同鬼と取られて失敗です。21地点から見れば、13の金と23の桂では桂のほうが近いですから、何の問題もなく同鬼とできます。

 初手桂打ちがダメとなると、12飛ぐらいしか手がなさそうで、それに対しても同鬼しかありませんね。
 鬼が移動しました。このタイミングで23桂とすれば(鬼から見て金のほうが桂馬より近くなったので)、鬼で取られる心配はありません。21玉に12金と鬼を取って、同玉には11鬼。32玉には31鬼でも22鬼でも詰みですね。

 どこにでも玉が逃げられそうですが、どこに逃げようと鬼から一番近い駒が玉であることに変わりはないので、必ず鬼で仕留めることができます。

 作意順:12飛、同鬼、23桂、21玉、12金、同玉、11鬼まで7手詰
 
 守備駒としての鬼の挙動とか、持ち駒にしたら強力であることとか、そういったエッセンスが詰まっている作品ですね。

 余談ですが、6手目に32玉と逃げたときの変化で

2016-09-20a.png

 22鬼や31鬼で詰みなら21鬼も詰みなんじゃないかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 しかしこれには22歩や31歩といった受けでちょっと延命できてしまうのです!
 玉より近い位置に駒を発生させて、玉を取れなくしてしまうわけですね。

 鬼使用の詰将棋は「合駒以外で玉方駒を出すことができるルール」に該当します。有名どころでは、対面や背面がそうですよね。「ピンされてない駒を出すことができる」わけで、少なくとも創作上はいいルールだなあと思うのです。

 このテーマで何かつくれそうですよね。何かつくれたらご報告いたします。

 鬼をロイヤル駒(詰ませる対象の駒。つまり鬼の性能の玉)にしてもなかなかいけそうです。
 とり研でとっさに思いついたのはこんな感じのもの。

 51鬼/59歩 双方持駒香1枚のみ。
 58香、52香、同香、同鬼、… 58香、57香、同香、同鬼、58香 まで 25手詰

 59の歩を19の飛車にしても良さげだね、とアドバイスをいただいたりしました。


 後日石黒さんに別の作例もいただきましたので、そちらもご紹介致します。

①ばか詰 5手
2016-09-25a.png

②かしこ詰 5手
2016-09-20c.png

③かしこ詰 17手 ※玉=鬼
2016-09-20d.png


 作者はすべて石黒さんです。是非考えてみてください。
(こちらで検討とかはできてないので、その点ご了承ください)

※③は 頭角童子氏作(詰将棋パラダイス 1996年2月) かしこ詰
2016-09-20f.png

 23銀、同鬼、32銀、同鬼、41銀、同鬼、53桂、同鬼、65桂、同鬼、77桂、同鬼、89桂 までの13手詰

 との関連も楽しめるかと思います。

---------------------------------------------------------------

 そんなこんなで会合の部終了。
 飲み会会場へ移動です。
 アルコールが入ったこともあり記憶がちょっと曖昧ですが、自分の席の周りであった話題を箇条書きで並べてみました。
 
・注文×2の手筋
 ※隣のテーブルが注文したら「こっちのテーブルにも」と被せる手筋のこと。
・山陰の観光地
・短編名作選
・是非中編名作選も!
 ※個人的にはフェアリー名作選にも期待しています
・次回「この詰」記事の構想
・居酒屋でも将棋盤を取り出す
・初入選が短大
・台湾ラーメン食べにいこう
・とり研行く車中での議論
・担当の苦労
・一番評点が低い半期賞って?
・K池さんがいれば即解決
・怪文書
・SNSは怖い
・あの人は今
・作家は冬眠する
・持駒無限
 ※今日発表された、『神無一族の氾濫』の次回課題も「無限」。
  これはなかなか凄い偶然ですね。

・今はやってるフェアリールールは?
 ※う~ん、何でしょう?

 会合ならではの濃い詰将棋トークが展開されました。

 そんなこんなで二次会もお開きです。
 私にとって初めてということもあり拙い進行ではありましたが、参加者の皆様の支えもありなんとか無事に1日を終えることができました。厚くお礼申し上げます。

 本当にありがとうございました。
 第三回とり研もできたらいいなあとか考えていますので、その際は是非みなさん鳥取にお越しください!

 私も県外へ会合巡りできたらいいですねえ…。

第二回 とり研(前)

イベント
09 /19 2016
■第2回とり研
日程:2016年9月17日(土)13時~ 
参加者:I黒さん、I本さん、U谷、K下さん、K池さん、K林さん、M島さん、Y原さん、Y路、Y田さん
   
 参加者は10名と二桁にのりました。遠方から来てくださった方も多く、本当にありがとうございました。

当日は一日中雨の予報で心配していましたが、とりあえず始まるまでは天気がもってくれてホッとしました。でも夕方からは結構降ってきて、二次会会場への移動がちょっと大変になってしまいましたね…。

 まず反省点から。
○お菓子買いすぎた
 人数多いからめっちゃ買ったろ!と張り切りすぎました…。
 大量に余ってしまいこれは大いに反省。

○またフェアリーの話ばかりしてしまった
 自分の引き出しが偏っているせいで、フェアリーの話の比率が高くなってしまいます汗
 フェアリーの話が通じるという状況が嬉しくてしょうがなかったのです(普通そんな機会そうそう無いですもん)。

 前回の反省を踏まえ、普通詰将棋についてもある程度お話できましたけども、それでもやっぱり根はフェアリストなのかなと思いました…。

--------------

 準備のため1~2時間前に会場に到着。12:45頃になるとちらほら参加者の方が到着され始め、時間通りに開始することができました。

 一部屋に10人が集まるとなかなかの活気ですね。詰将棋なんてものは一人孤独にやるもんだと半ばあきらめ気味に思っていたので、眼の前の光景に一人感動しておりました笑
 とはいえ、10人全員が同じ盤面を眺めるというのもなかなか難しく、自然にグループに分かれていきました。1つが普通詰将棋グループ、そしてもう1つがフェアリーグループです。私がどちらに居たのかはもはや言うまでもないことですね笑

 最初に普通詰将棋のほうに簡単に触れさせていただくと、テーマは『翻弄』だったようです。もともと人気なジャンルではありますが、今より一層話題になっているのは、このツイートが理由かな?





 藤井聡太さんは史上最年少でのプロ入りを果たしたのはもちろんのこと、詰将棋解答選手権も連覇中で、将棋界だけでなく詰将棋界でも時の人ですよね。
 お題のテーマからして、詰将棋創作者としてのセンスも相当なものだと推察します。
 この創作課題への出品作が近いうちに誌面で発表されるとのことで、今から楽しみですね。

---

 「翻弄」がテーマな作品が並べられていたのも、そんなわけでした。
 最近の詰パラで発表された大作も並べられていましたね。

 作品以外では、
・どんな作品が「翻弄」モノと呼ばれるの?
 →例えば受方銀が一回転する作品は相手の駒を何回も動かす点では翻弄と言えるけど、あんまり翻弄と呼ばれないのはなぜ? とか
自分の駒を何回も動かすのは翻弄ではない?
 翻弄は「する」ものだから違うとのこと。なるほど。



 自分の意思で相手の駒を動かす、といった意味合い。
 玉があまり動かないほうが翻弄の密度も高まるように思うのも、ikironさんと同じような意見かな。

「翻弄」という言葉が使われだしたのはいつごろ?
 昔は使われていなかったらしい。

 みたいな話題が聞こえてきました。


 あとは自作を見てもらって、「これって無駄合いですかね~…」といった相談をしたりしてました笑

-----

 普通詰将棋のほうの話はあまり聞けておらず、ちょっと内容不足かも…。すみません。
きっと他の方が書いてくれるはず!汗

------------------------

んでフェアリーのほうは一体どんな話をしていたかというと、

・透明駒
 自作を見てもらっていました。
 大先輩のみなさん方に見ていただくのは緊張しました…。

 あとは「今透明駒ってつくってる人いるの?」と聞かれて「あんまいないと思います…」としょんぼりしたり。最近では、A場さんとかS藤さんとかK坂さんが投稿されていたぐらいか。もうちょっといたら嬉しいなあ
 誌面への透明駒再登場も期待したいですね。

・左真樹さん
 私もお名前ぐらいは知っておりますが、知っている作品は数える程度。
 
 何作か教えてもらいました。

■左真樹氏作(詰将棋パラダイス/1978年12月)
  ばか詰 11手


2016-09-18a.png

48銀、68玉、59銀、77玉、66銀、76玉、65銀直、66玉、55銀、57玉、58銀引、
まで11手詰


 第5回前衛賞受賞作。

 第一感では詰まないはず。美しい初形から意外な1手という、初形象形のばか詰としては理想的な仕上がりです。詰め上がりも無駄がありません。

 
■出口信男氏作(カピタン/1982年12月)
    ミニ詰 161手


2016-09-18b.png

 38金、49玉、39金、同玉、28銀、49玉、38銀、59玉、69金、同玉、79金、59玉、69金、同玉、99飛、79金、同飛、同玉、89金、69玉、79金、同玉、89飛、同玉、88角成、同玉、99金、78玉、89金、68玉、79金、58玉、69金、48玉、59金、38玉、49金、28玉、39金、18玉、17と、同玉、16と引、18玉、17と、19玉、18と、同玉、29金、17玉、27と、同玉、38金、17玉、28金、16玉、26と、同玉、37金、16玉、27金、15玉、25と、同玉、36金、15玉、26金、14玉、24と、同玉、35金、14玉、25金、13玉、23と、同玉、22桂成、13玉、23成桂、同玉、34金、13玉、24金、12玉、22銀成、同玉、13金、21玉、31歩成、同玉、42歩成、21玉、22歩、同馬、32と、同馬、12金、31玉、41と、同玉、52桂成、31玉、42成桂、同馬、22金、41玉、51と、同玉、62歩成、41玉、52と、同馬、32金、51玉、61と、同玉、72歩成、51玉、62と、同馬、42金、61玉、71と、同玉、82歩成、61玉、72と、同馬、52金、71玉、81銀成、同玉、92歩成、71玉、82と、同馬、62金、81玉、92香成、同馬、72金、91玉、81金、同玉、92香成、71玉、82成香、61玉、72成香、51玉、62成香、41玉、52成香、31玉、42成香、21玉、32成香、11玉、33角、12玉、22角成、
まで161手詰

 ミニ詰はマキシ詰と反対で、駒の動く距離が最小になるような手を選ばなくてはいけないというもの。タテやヨコ移動の距離が1で、ナナメ移動はルート2。タテに駒を動かせるときは、ナナメに動かしたらダメということです。
 ほとんど普通詰将棋と変わらない雰囲気のルールなので、取り組みやすいですね。
 

 私は「ミニ詰」について詳細な定義を知っているわけではないのですが(なにしろルール解説が見つからない)、恐らく着手の制限は受方のほうにしか無いのでしょうね。
 攻方は移動距離1の着手候補がある局面でも、それ以上の移動距離の手を指している一方、受方の応手はすべてタテかヨコに動かす手になっていますね。

 相手は駒をナナメに動かせないことを利用して(ナナメに動かせるような局面を作らないようにして)、取れそうで取れない駒で追い掛ける手順が目を引きます。その追い方も多彩で、鑑賞者・解答者を飽きさせません。
 それら趣向手順が1局に同居し、なおかつ最後は煙る…。帰宅してから鑑賞してみただけですけども、本作の凄まじさは十二分に伝わってきます。



・衝立詰
 名前は知っていますが、ルールはよく分からないというのが正直なところ。
 作例を交えつつ教えてもらっていました。
 隠れている情報を試行錯誤で探っていくという点では透明駒と雰囲気が似ていて面白いですね。
 つくる自信はないですが…

 衝立将棋を紹介しているページは → http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kato/ftsui.htm

・ルールが分からない
 分からなかった…。

・Fairy Chess
マジで知らない分野です汗汗
 そもそもチェスが分からないもので…。
 おすすめの書籍も教えていただきました

・フェアリー駒

 Twitterでこんなツイートをしたんですけども




 今回話題になったのは「鬼」というフェアリー駒です。
 考案者は石黒さん。

 鬼= 一番近いところにいる敵駒を取ることによって移動する駒。
 
2016-09-19a.png

 例えばこの局面で51の玉が鬼だとすると、鬼で取ることのできる駒は42と62の歩の2枚で、53の歩はその2枚より遠いので取れません。近い駒が複雑枚ある場合は、どれを取るかは選べます。

 鬼が動くときには必ず駒を取るということになりますし、取れる駒が無かったら当然鬼は動けません。
 利きを持っていない駒って、斬新ですよね。
 フェアリー駒の利きを覚えるのは大変です。しかし鬼は利きが無いから、そもそも覚えるものが無い笑。とっつきやすさは抜群です。
 鬼ならではの玉方駒発生法もあり、なんだか色々できそうな駒です。


--------------

 長くなってきたのでここらで一旦切ります。

 次回は鬼を使った作例とか、二次会の風景とかについて書いていく予定。