FC2ブログ
2019/02/02

詰将棋パラダイス2018.11 高校24

 久々の更新です。
 いつも通りの、投稿用紙準拠の記事です(さすがに多少手を加えておりますが)

 自作(詰将棋パラダイス 2018/11 高校)

2019-01-30a.png

(A)65金、(イ)同香、(B)66銀、(ロ)同香、(C)82角、(ハ)45玉、73飛成、(ニ)56銀、
(D)同馬、同と、46銀、同と、(ホ)57桂、同と、46銀、同玉、43龍 まで17手詰


 良くも悪くも力作といった感じです。作意設定にも時間がかかりましたが、検討にはもっと時間がかかった記憶があります。時間がかからない作品のほうが案外完成度が高かったりするこの世界。でも、手のかかる子ほどかわいいものかもしれません。
 変化紛れについては長くなるので後述。
 
 検討しているときはさすがに諸々覚えていたはずですが、悲しきかな「あれ、ここってどうやってたんだっけ?」と忘れてしまう時期に差し掛かってきました。
 バリバリ毎日盤に向かっていた時期には「忘れるわけないじゃん」と思ってたんですけどね…。
 変化紛れの羅列された投稿用紙を見て、記録しておくのは大切だなぁと痛感しています。悲しい!
 
 過去数年の発表作の配置の意味、理由、意図はまだ辛うじて諳んじることができるはずなんですけど、きっと言えなくなるんでしょうね。今のうちに記録しておかないと。
 
------------------

 何も無いところでのバッテリー形成が狙い。「82角~73飛成」がそれにあたります。
 前例があるテーマであることは承知しております。
 短編名作選の橋本樹氏のような打歩に絡んだ意味付けでなく、ただただ大駒の利きを利用した意味付けにすることにチャレンジしました。
 もちろんそうすることで完全な新味を得られるわけではないと思いますので、角打を中途半端な限定打(変化で71角成の余地を残すため)にするなどの付加価値を求めて創作してみました。1つ1つの要素は既存の筋からの借り物に過ぎないのかもしれませんが、組み合わせたら少しぐらいは珍しくなるのではないかと思います。

 手順としては、いきなり82角でも良いとは思うのですが、少し序に味付けができるならばしたほうが良いと判断し4手ほど加えました。おかげさまで変化はともかくきわどい紛れがいくつも生まれてしまいましたが、入りそうなものは入れたくなってしまうのが人情というもの。

 たま研で褒めていただいたり、えび研で解答しながら色々な感想を頂戴したりと、幸せ者な作品だなぁと思います。
 そして自作を褒めてばっかりでごめんなさい。なんというか、自作を公の場でけなすのって好きじゃないんですよ。採用いただいた担当者の皆様、解答・鑑賞してくださった方々に失礼じゃないかと思ったりしちゃって…。もちろん、弱点があるとかこういう弱みがある!とかは言いますけど、卑下はしません。考え過ぎなのかもしれないんですけど。
 けなしたり、卑下したりするのは人に見せる前にやりきってしまいたいです。

<変化>
(イ)同玉は、56銀打、同と、同銀、64玉、42角、53合、65銀打まで。
(ロ)同玉は、75角、55玉、58飛以下
(ロ)64玉は、42角、53金、65銀、63玉、72銀、62玉、63香、同金、同銀成、同玉、73金まで2手早い。
(ロ)45玉は、73飛成、56合、37桂、同と、56馬以下。

(ハ)73合は、56銀打、同と、75飛、64玉、73飛成以下。
(ニ)他合は57桂以下早い。
(ニ)64玉は71角成、55玉、56銀以下。
(ホ)55玉は、33龍、64合、65金まで同手数駒余り。

<紛れなど>
(A)66金は45玉で
・73飛成は44玉で
  62角は53香合
  53銀は43玉、34馬、同玉
・72飛成がかなり怪しい(53銀に43玉と逃げられない)
 単純に44玉と逃げると44玉、53銀、同玉、71角、43玉、52龍、同玉、34馬、41玉、21飛以下詰むので別の応手の必要あり。
 いずれの応手も微妙であるが、一例として56桂合を考えてみる。
 同金、44玉、88馬、66歩合、53銀、同玉でどうだろうか。

(A)58飛、64玉で
 柿木は75金を読むがこれは同玉で詰まないのでは
 64飛は同龍で
 かといって75角では73玉、
 75銀では53玉(73でも大丈夫だとは思うが)。54飛でも54銀でも42玉が安全か

(A)88馬、66歩、同金、同香にて
・56歩は46玉、75飛、55桂合。
・56銀打は同と、同銀(※66馬は、同と、82角、64歩)、44玉、66馬、43玉、73飛成、53香、47香、44歩、
・同馬は同玉、69香、67歩で
  84角は75歩、同角、55玉、
  93角は55玉、56銀打、同と、同銀、44玉。

(B)82角は、45玉、73飛成、56銀合(限定)、57桂(37桂も同様)、55玉、44銀、同玉、56桂、同と、45銀、同龍、33龍、同玉、45桂、34玉、33飛、25玉、23飛成、24歩(おそらく非限定だが安全策で歩合)、26銀、同玉、24龍、25桂(限定)、27歩、36玉、37金、同桂成、26龍、47玉、37角成、58玉、56龍、57金(ここも安全策で)で詰まない。
(B)73角は45玉で
・76飛は、44玉、46飛、53玉。
・57桂は、44玉、62角成、53香、

(C)73角は45玉、75飛、44玉、62角成、53香、36桂、同歩(同とは詰む)、34馬、同金。

(D)57桂について
 55玉でも逃れているように思うが33飛成が微妙。
 44玉と逃げれば(B)とほぼ同様の逃れ順に合流するので、そちらを採る。
スポンサーサイト