--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/02/04

2017/11 詰将棋パラダイス 中25

とり研参加募集締切延長しました。
2/17(土)、とり研当日の1週間前までにします。

 今日から一週間ぐらいはメールあんまり見れない期間が続きそうなので、それ以降にご連絡いただけると助かります。
 詳細はこちらをご参照ください。

-------
2017/11 詰将棋パラダイス 中学校25
2018-02-02a.png

67香、同馬、74龍、同玉、78龍、同馬、76香、63玉、67香、同馬、96角 まで11手詰

大駒の筋を遮断するための限定打は超短編で多くの作例があり、それ単独で新作を得るのは難しい今日。本作は「龍を香に打ち替えるためには、馬を一旦どかさないといけない」というストーリーに仕立てて勝負です。
 自作短編といえば合駒ばっかりなので、それ以外の手順で創作できたのは良かったかなと。

-----

 創作時「これで完成だ」と感じる瞬間は人それぞれ、作品それぞれだと思いますが、私の考えとしては、その中の一つに「全ての配置、一枚たりとも変えようがないとき」というものがあります。
 もちろん、そうでない作品は質が悪いと思っているわけでもないので、全ての自作がこの条件に当てはまっているわけではありません。半分も無いでしょう。しかしもし当てはまるのならば、誰もを納得させられる揺るぎない根拠になり、安心して投稿することができます。
 可能ならばそれを目指して、無理なら無理で、配置の役割・機能について把握・分析しておきたいなとは思っております(ホンマか?)。その過程で配置の理解も深まって、運が良かったら駒数が減ったりすることも?
 読みの力の無い自分は、配置にこだわらないと生き残れないんで…。

 さて本作も元々の構図からそこそこ変貌を遂げた作品で、最後の1枚を減らしたいとなんやかんや頑張って、なんとか減って良かったな~~~~と。
 そのぶん、余詰筋がより一層怖くなりましたが笑

 こうして振り返ってみると、本作の配置も全てに無いにしろまあまあガチガチに決まっているんじゃないかと感じております。
 強いていえば69の角を馬にもできそうですけど、仮に可能だとしても私ならしないでしょうね。84の銀が詰め上がりで不要になってしまったりその他もろもろあるんで…。

 手順に関してはパスファインダー氏にめちゃくちゃお世話になりました。おかげ様で良い手順の流れになったと思います。その分より一層余詰筋が危なくなりましたが…(柿木を自動で走らせるだけでは検出できない余詰もあったので無い知恵も絞りつつ頑張りました)。
 ありがとうございました。

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。