FC2ブログ
2018/05/26

マイフェイバリットフェアリー10(Ⅵ)

 『マイ・フェイバリット・フェアリー10』、今回は推理将棋です。
 先に断っておきますと、私は推理将棋めちゃくちゃ詳しいわけではないです汗、今後のがんばり次第ですね。

 推理将棋は会話形式で出題され、その提示された条件を満たすような手順を求めるものです。手順前後はもちろん、成生非限定も許されませんので、そこも条件設定されています。無駄合の概念もありません。王手義務の無いばか詰とも呼べますかね。
 もちろん詰ませることが目標ではない作品もありますし、自由度の高さも魅力の1つです。

詰将棋おもちゃ箱 推理将棋 第113回
113-3 上級 上谷直希 作  全部馬!         13手


「13手目に馬の手で詰みか」
「途中、成駒を含む4枚の駒を取ったのも先手の馬だったよね」
(条件)
成駒を含む4枚の駒を先手の馬が取った後、13手目の馬の手で詰んだ


作意順:76歩、34歩、22角成、42玉、13馬、33玉、31馬、17香成、53馬、22玉、17馬、11玉、44馬まで13手

結果稿リンク

 私の推理将棋のつくり方は単純明快。ゴリ押しです。
 良さげな手順をまず考えて、それに合致するような条件をひたすら考える…というもの。詰将棋以上に色々なつくり方がありそうですから、このつくり方がみんなにとって正しいわけではありません。

 本作ももちろん手順から考えました。しかし条件にあうように手順を微調整した作品であります。
 44馬までの両王手までの手順をまず考えてみますと、先後で必要な手数がうまくあわないことにお気づきいただけると思います。なんとか11手で表現できないかと思っても絶対にできません。
 推理将棋で11手と13手では余詰対策のキツさがかなり違います。もし13手で1作こしらえようと思ったら、ガッチガチの条件で固めないと…。
 そんなときに思いついたのが発表時の条件。暗に「先手に駒打ちは無い」という条件も包含しているため、明快な条件ながら手順を制限する効果は強いです。

 手順や短評の詳細は上記リンク先をご覧いただければ幸いです。
 紛れがかなり良いところまで行くのも評価上プラスに働いたようです。幸運。

 おかげさまでFairyTopⅨ2017推理将棋部門で1位をいただきました。
ありがとうございました。
 フェアリー詰将棋部門では青木さんが圧巻でした。
 うーん最近はフェアリーに関して全然触れられていないし、投票もできてないし、なんだか申し訳ないですがなんとか頑張ります。

 私の推理将棋の創作歴はまだまだ浅く、今後も勉強しようと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント