FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/09/30

マイフェイバリットフェアリー10(Ⅷ)

いよいよラストです。ラストは中長編です。

※Andernachのほうは、占魚亭氏によるルール解説がすでにありますのでそちらの紹介に留めます。
Andernach(アンダーナッハ)について(詰将棋おもちゃ箱HP)

⑩Andernach協力自玉詰 62手
(Web Fairy Paradise 79号 2015/1)


2018-09-30a.png

94角 67銀 58銀 同銀成転 59全転 58全 48金 59玉 95角 68全
58金 49玉 68金寄転 67金 58銀 同金転 68金寄 67銀 48金 59玉
67金転 68銀 58金 49玉 59金 同銀生転 58銀 同金転 68金寄 59玉
57金 68飛 58金 49玉 68金寄転 59玉 58飛 49玉 68飛転 67桂
58銀 同飛生転 59金 同桂生転 68飛 59玉 67飛 49玉 77飛 59玉
76飛 49玉 86飛 59玉 85飛 49玉 45飛 67銀 57王 38玉 83角成 56金 まで 62手

(詰め上がり図)
2018-09-30b.png

 中身に触れると長くなってしまうし、結局よくわからないということになりそうなので、OFMの動く盤のページで駒がクルクル変わる手順を眺めていただいたり、意味付けが気になる方はWFPの結果稿(リンク先p19~)を開いて作者コメントや神無七郎氏の解説をご確認ください。

 ざっくりと言うならば、本作はAndernach特有の「不自由さ」を逆手に取ってつくりました。
 互いの位置がこのままでは自玉が詰む形には絶対にならない。そうだとすると自玉を動かす必要があります。そこで飛ノコの筋を思いつくわけですが、単純に飛を転させて発生させてもAndernachのせいで、うまく鋸になりません。どこかで刃がひっかかるはずです。
 その障害物をどう取り除くかが鍵となっています。

 まあ何がともあれ、狭いところで細かくゴチャゴチャやる手順が私は好きなんですよね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。