FC2ブログ
2019/11/30

透明駒ことはじめ1手3手【出題編】

 ご無沙汰しております。
 さて、月末ということで詰パラ12月号がそろそろ届いている頃でしょうか。12月といえば短コンも楽しみですが、今年は透明駒10周年の記念作品展も開催とのこと。
 
 透明駒の露出が増えるのは喜ばしい限り。さらに欲を言えば、もっと多くの方に透明駒の魅力を知っていただき、ご解答いただきたいところ。そんな気持ちで入門用の記事をそれなりに色々書いてきたのですが、やはり文章では分かりにくい部分もあると思います。やはり実際の易しめな作例をたくさん見てもらうのが一番分かりやすいはずと思い、いくつか用意してみました。

 本当に1手と3手のばか詰しか載せていません。意図的に紛れを減らしたりしているので是非ご挑戦を。透明駒の"感じ"がなんとなく伝われば幸いです。

 透明駒のルールについては『透明駒はじめてガイド』をご参照ください。
 「リンク先を読んだけど文章ばかりでよく分かんねえぜ!」って方は、作品解説verの記事もすぐ上げますのでそちらをお待ちください。
 たかが1手3手と侮るべからず。ある程度の手筋はここを読むだけで網羅できるはず!?

注1:全て上谷直希作です。クレジットが無い図に関してはココが初出です。
注2:出題図の(N+M)といった表記は、攻方に透明駒がN枚、受方に透明駒がM枚あるという意味です。


 また、余詰や非限定などの不備、類作・同一作等ございましたらご連絡ください。対応いたします。

【協力詰(ばか詰)】先後協力して最短手数で受方の玉を詰める。

①ばか詰 1手 (1+0)
2019-11-30b.png

※ここでいう「持駒なし」とは"可視駒はない"という意味ですので、透明駒は持駒にいるかもしれませんし、盤上にいるかもしれずどちらかは分かりません。

②ばか詰 1手 (1+0)
 初出:フェアリー時々詰将棋『透明駒はじめてガイド』

2019-11-30c.png

③ばか詰 1手 (0+1)
2019-11-30m.png

④ばか詰 3手 (1+0)
2019-11-30f.png

⑤ばか詰 3手 (0+1)

2019-11-30f.png

⑥ばか詰 3手 (1+0)
2019-11-30e.png

⑦ばか詰 3手 (1+0)
2019-11-30g.png

⑧ばか詰 3手 (1+0) 余詰により欠番。また他の図で埋めます。

⑨ばか詰 3手 (2+0)
2019-11-30l.png

-------------------------------------------

⑩ばか詰 3手 (0+1) 
初出:Web Fairy Paradise 91号
2019-12-11a.png

⑪ばか詰 3手 (0+1)
 初出:Web Fairy Paradise91号 
2019-11-30j.png

⑫ばか詰 3手 (0+2) ※難しめ。
2019-11-30k.png

ヒント:41飛としたいところ。もし41の飛を透明駒に取られるとしたら、その駒種は何でしょう?

⑬ばか詰 3手 (0+1)
2019-11-30a.png

ヒント1;肝心の詰ます対象の玉が見えません。つまり玉が透明駒になっているのです!
    適切な王手で玉がどこなのか特定してみましょう。
ヒント2;透明駒は、存在する地点と駒種がともに判明すれば可視化されます(駒種はすでに玉で確定している)。判明した後は普通駒として使えることを利用しましょう。

⑭ばか詰 3手 (0+2) ※応用編です。後回しがオススメ。
2019-12-01a.png

---------------------

解説編はこちら
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント