謹賀新年&詰パラ1月号

未分類
01 /02 2016
あけましておめでとうございます。
今年もブログともどもよろしくお願いします。


ここで年賀詰といきたいところですが…!?


ありません(すいません)


出せるものもないので、早速詰パラの感想に参りましょう。



○詰将棋学校
 小学校に入選。めっさ早くてびっくりしました笑
 短手数ですが結構苦労した素材です。多くの解答、短評お願い致します。


○結果稿
 もしかしたら幼4が一番好きかもしれません。単純な好みの話ですが。
難しいことはよくわからなくて…汗

○読者サロン
 金言。

○フェアリーランド
 新年号は象形特集。ルールも比較的親しみやすいものが並んでいます。


------------

 調子に乗って将棋世界も断片的にいきます。
最近、kindleで買えるものはそっちで買うことが多くなってきました。紙媒体より安いし、かさばらないのがありがたいですね。ただ、やっぱり紙のほうが手元に残るようで好みではあります。

○懸賞詰将棋
 皆様のご存知の通り、先月号から懸賞詰将棋の出題が若島氏の担当となりました。先月の詰将棋も良かっただけに、今月も期待大です。

○詰将棋サロン
 本ブログでも取り上げたばか詰(長谷繁蔵氏 詰パラ2004年4月号)が紹介されています。フェアリーの露出が増えることは非常に喜ばしいですね。ただ、出典も載せていただきたかったです…。

 結果稿だと④が好きかな。


 以下余談です。
 自分は将棋世界を買う理由は主に2つ。詰将棋とそして将棋駒特集です。学生の身分ですからまだ一組も手にしたことはありませんが、「将来はこんな駒が欲しいなあ…」なんて夢想しながら駒写真を眺めている時間が大好きなんです。書体と駒師あたりのことは一通り頭に入ったんですけど、さあ実際の駒の良し悪しはまだまだフィーリングの段階。
 詳しい方、色々教えて下さい!

----------------------------

さて2016年。ひとまず着手していきたい記事内容について箇条書きにしてみました。

・5手ばか詰の手筋
・禁欲詰について
・Andernach(書くこと以上につくるアイデアがない)
・透明駒(全然見通したってないです)
・普通詰将棋(自分に何が書けるというのだろう)

などなど、希望的観測盛りだくさんで軌道などない本ブログを今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ue

自称フェアリストです