短コンの解答

普通詰将棋
01 /13 2016
 いつぞや「短コン全作解いた」やらなんやら言いましたが、年末年始ゴタゴタして解答送るの無理でした。なにやってんだか。
 せっかくなんで、好きだった作品の短評を書いてみました。

6  うまい。上位で間違いないと思う。
19 意味付けに統一感があるのもいい。
24 硬派で重厚(語弊があるかもしれない)ながら手筋の爽やかさもある。
25 「好きだけど評点は伸びないかも」みたいな短評が並びそう。
   この評点ギャップの埋め方は簡単。好きなら遠慮無くAをつければいいのだ(そう言うなら解答出せよ)。
26 味の良い手が随所に散りばめられ心地いい。好みでいうと一番。
33 5ではなく、6。この遠さを7手の器で規定できたところに価値があると思う。
35 きっちりしている。
43 推敲を重ねていくなかで、配置も、変化紛れも洗練されていった。作者の根性が実った形。
50 似た手順の作品が多く並んだ今回。どっかの誰かも被ってたね(涙)
   そのなかではやっぱり本作が良い出来のように思いました。

 31と32はどうやって評価すればいいのか分からなかったので無評価にするつもりでした。

※あくまでただの一個人の好みに過ぎません。ここに挙げた以外には好作はなかったとか、そういう意図ではないので悪しからず。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ue

自称フェアリストです