クイーンとは

フェアリー
02 /27 2016

 今日はA級順位戦最終局ですね。将棋はからっきしの観る将の私ですが、どんな結果になるのか楽しみです。挑戦者争い同士の対局もあり、残留争いも熾烈で最後まで目が離せません。

------------------------------------------

そして記事内容はどんどん将棋と離れていきます(笑)
最近、本誌のフェアリーランドでもクイーンを見る機会が増えてきましたので、今回はクイーンについて話していきたいと思います。
そんなに詳しいわけではないですけど…。


Q(Queen)
チェスの駒。飛車と角を合わせた性能を持つ。


queen.gif

http://k7ro.sakura.ne.jp/rule.html より

 一般にクイーンを詰ませることを「クイーン王ばか詰」と呼びます。
クイーンなのに王(キング)とはこれ如何にと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、おそらくここでの「王」とはロイヤル駒(王手をかけられる存在)という意味でしょう。

 クイーンを詰ませるばか詰は、もちろん普通のばか詰より難しいです。紛れの数が桁違いですからね。そういったイメージもあってルールの登場数のわりに解答者数は伸び悩んでいるような印象を受けます。
 しかし、ある程度の難易度までであれば、実はそれほど苦労することなく解くことができます。そこで大切なのは、やはり詰め上がりを想定することです。
自分なりにポイントとなりそうなところを3つまとめてみました。この3点に留意しながら解図していけば、案外普通のばか詰よりイメージを絞りやすいかもしれませんね。
 
(個人的)クイーン3原則
1)詰め上がりはまず隅を考えよ
2)3方向からクイーンを包むことを考えよ
3)斜め後ろに利きがある駒の使い方


 創作、解答時に私が心がけていることを列挙してみました。順に考えてみましょう。

1)詰め上がりは隅
 11と19は真っ先に詰め上がり地点として考えていきたいところです。次に21、少し劣って12、18、29です。作家として詰め上がりおよび手順を構築しやすいのは概ねこの順かなあと思います。

 クイーンは四方八方に利きを伸ばしている駒ですから、これを詰ませようとするにはまずそれらの利きを遮断する必要があります。例えば都のQを詰ませようとすれば、8方向へ利きが伸びており、これらすべてに対応するのは容易ではありません。中央より端へ、端より隅へ、利きが伸びないような地点に誘導することが大切ですね。

------------------

 相手の壁駒がない無防備なQは、少なくとも3枚の駒を駆使せねば詰みません。
 例えば以下のように。

2016-02-27d.jpg

 3枚の攻駒が、Qの3方向に伸びる利きを止めていますね。最重要テクニックです。

 先ほど21も詰みやすいと申し上げました。実際に一路ずらしてみましょう。
 
2016-02-26b.jpg

 確かにこれでも詰んでいます。こちらのほうが駒効率が良さそうに見えるので、作家的には採用してみたい形ですね。
 
 しかし、調子に乗ってもう一路ずらすと…

2016-02-26c.jpg

 11地点と13地点に逃げ道ができてしまいました。盤端に誘導するだけではQの利きを封鎖しきれないことがお分かりいただけるのではないかと思います。

2)3方向からクイーンを包む

 (1)とほぼ同様なのですが…、手順中のQの追い方に視点を移します。
 今度は19地点で有力な詰め上がりを紹介してみます。

 2016-02-26d.jpg

 こちらです。私ももう本当に何回つかったのか分からないぐらい使っています。
 11に比べ19は詰め上がりのバリエーションが少ない印象があります。既存の詰め上がりに作品が集中してしまう事情は、このあたりにあるのかもしれません。

 上図を頭に入れた上でこんなばか詰を解いてみるとしましょう。
 
クイーン王ばか詰 5手

2016-02-27a.jpg

 17金、29Q、28金、19Q、29金打 まで 5手詰め

 初手および3手目は着手した時点では何故その地点に金を打つのか分かりにくいものですが、詰め上がり図を想像しながら、逆算法で考えていけば至極当然の封鎖網と考えることができます。どこに追い込んで、どうやって抑えこむかを念頭に置いて攻めていけば、読みの負担をかなり軽くすることも可能でしょう。
 逆算法は最終手をある程度予想できる点でもとても有用な解図法だと思います。

3)斜め後ろに利きがある駒の使い方

 11地点のQを攻駒3枚だけで詰ませる詰め上がりをいくつか、思い浮かべてみてください。




 ……いかがでしょうか?
 1つ挙げるとすれば、こんなものでしょうか。これも有名な詰め上がりですね。
2016-02-27e.jpg

 どんな詰め上がりを考えていただいても結構なのですが、銀か角、あるいは龍、馬といった、斜め後ろにも利きを持つ駒を1枚は使いませんでしたか?
 
 そうなのです。斜め後ろに利きのあるような駒がなければ、11-19のラインを封鎖する駒に紐をつけることができないのです(逆に、19地点では金2枚ほどさえあればそれほど労せず詰ませることができます。(2)での図の通り。)
 きっと詰め上がりの探索をする上で意外と役立つ知識のはず。


---------------

 では早速次の作品を解いてみましょう。
 (いつも佐々木さんの作品の紹介ばかりになってしまいます。それだけ、氏が基本に忠実に創作していらっしゃるということなのでしょうね)
 
佐々木寛次郎氏作 (詰将棋パラダイス/2014年11月)

クイーンばか詰 9手

2016-02-26a.jpg

 ここまで記事を読んでくださった方なら、きっと解けるはず。
 
 ではまず詰め上がりを想定します。まあ、十中八九11での詰め上がりでしょう。初形の時点で包囲網の基礎がある程度固められていると判断できるように思います。
 
 金4枚。斜め後ろに利きはありません。よって11-19のラインを封鎖するためには、1筋に金を重ね打ちする必要があるだろうと思われます。(そう考えると、初形配置の14金は不動で、持駒の金は13に打つかとどめかのどちらかだろうと、ここまで絞れます)。
 順々に考えていけば、以下の詰め上がり予想図に辿り着くのは容易だと思います。

2016-02-27c.jpg
 
 こんな感じですね。
 あとはこの図に到達するように、逆算と順算を駆使しながら解いていけばいいと思います。

↓解答は白抜きです。

 22金寄 41Q 31金 42Q 33金 12Q 13金打 11Q 22金左 まで 9手
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ue

自称フェアリストです