--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/30

5手ばか詰の手筋(5)

 第5回:両王手

 ばか詰であろうと普通詰将棋であろうと、両王手は両王手。意味合いにさして違いはないので早速作品のほう見ていきましょう。
 全部ばか詰で5手。解答は白抜きで図面の下あたりに書いています。 

(敬称略)
神無太郎  (Online Fairy Mate 1994年7月)
2016-03-30c.png

17桂 24玉 21飛 13玉 25桂 まで 5手
有名な詰め上がり。シンプルではありますが、21飛など流石にツボを押さえています。


金子清志  (詰将棋パラダイス 2013年4月)
2016-03-30a.png

19香 21玉 18馬 12玉 45馬 まで 5手
ばか詰ならブルータスも打歩絡めずに実現できます。5枚での表現は実にスマート。完成品です。

小林看空 (Web Fairy Paradise 2013年5月)
2016-03-30d.png

57角 47玉 48銀 58玉 68金 まで 5手
中段玉でとっつきにくい印象。紛れ重視といった趣の初形ですが、案外ひと目で見えた方もいらっしゃるかも。


佐藤宣多 (詰将棋パラダイス 2007年11月)

2016-03-30b.png

62香成 53玉 73飛生 64玉 63飛成 まで 5手
成ったり成らなかったり、開き王手をしたり、角筋を閉じたり。限定開き王手を絡めながら小気味よくバッテリーを入れ替えていく手順はなかなか妙味があります。


 やっぱりバッテリーがあると、超短編らしく見えますね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。