2016/04/15

5手ばか詰の手筋(6)

第6回:取らずの手筋

 今回はただ自作を取り上げるがための記事だからか、なんだか急にニッチな筋になりましたね(笑)
 
 取れる駒を敢えて取らない筋は、意味付けによっては普通詰将棋でも実現可能です。

 ばか詰 5手

2016-04-15a.png

解答(白字)→ 13歩成、11玉、22と、同歩、21角成 まで5手詰


 3手目にいきなり21角成とすると同飛とされてしまうので、21歩を取らずに22に移動させて飛筋遮断を維持させます。
 
 このように普通詰将棋でもできる意味付けをばか詰でやっても、まあいいのでしょうけどやっぱり物足りません。せっかくならばばか詰でしかできない意味付けでつくってみたいものです。
 そのように考えて(?)できたのがこれ。

ばか詰 5手 (Web Fairy Paradise作品展 2015/11) 

2016-04-15c.png

 結果稿 → http://www.dokidoki.ne.jp/home2/takuji/WFP92.pdf
 鑑賞室 → http://k7ro.sakura.ne.jp/jTMLView/TMLView.html?../wfp/wfp78-10.xml
 

解答(白字)→ 43飛不成、45金、同飛成、同飛、35金 まで5手詰

 神無七郎氏の解説から一部引用させていただきます。

「取れる駒を取らない」は江戸時代から詰将棋では人気のテーマでした。
もちろん意味付けは普通詰将棋のそれとは異なります。
本局で駒を取らないのは、逆にこの駒で取って貰うため。
そうでないと、金合を取ったときに玉が逃げざるを得なくなります。
玉は今の位置に居て貰った方が良いので、守備力を強化する手順を敢えて選ぶというわけです。


 
 創作起点は、「逃げ場所をつくるため」とはまた違った不成の意味付けの発掘でした。合駒をさせる余地をつくるため両王手を敢えてしないように攻めます。ただそのためには初手42飛成や41飛成ではダメな理由を構築せねばならないわけで、そこでひねりだしたのがこの筋だったというわけ。

-----

 上の作品のように、ばか詰でしかできない意味付けはまだまだあるはずです。皆様も是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 
 では最後に蛇足ながら他の例を。

 ばか詰 5手
2016-04-15b.png


解答(白字)→ 85龍、75馬、65桂、同玉、55金 まで5手詰



 馬を取るような移動合いもできるところ、敢えて移動中合にすることで3手目65桂を空振りにさせます。これで65に逃げるための空間をつくれたわけですね。

 ……ちょっと違うかな?

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント