2016/04/29

『果し状』が届きました

 詰パラは届きませんでしたが、「果し状」は届きました。




 上の写真の通り、素晴らしい装丁です。中身も全200作とボリュームたっぷりで、本の厚さもなかなかのもの。半世紀の重みを感じます。


 「果し状」というタイトルの書籍ではありますが、作者と解答者の真剣勝負!といった難解な作風ではないように見受けられました。作品の多くが盤面10枚以内で、さっぱりとした簡素図式や実戦型が多数を占め、手順は軽快そのもの。それこそ詰キスト以外の指将棋派の方々にも安心しておすすめできるのではないでしょうか。
 
 かといって詰キストには物足りない手順ばかりかというと、もちろんそんなことはありません。簡素な初形、軽快な手順であってもきちんと主眼の一手が準備されています。職業作家の立場からの出題作からも、詰将棋作家としての矜持を汲み取ることができるように思いました。

 ほんの少しだけ作品を紹介。

「簡素図式」 第8番

2016-04-29a.png

 それぞれの部分を見れば確かによくある手順なのかもしれません。しかし合駒の変化中の好手、銀不成の二段活用などに「楽しい手順を提供したい」という意思が感じられますし、雑誌や新聞の出題作として消費されてしまうような詰将棋とは一線を画していると思います。

「伊藤果詰将棋珠玉編」上 第20番

「伊藤果詰将棋珠玉編」上 第20番


 心理的妙手を散りばめつつ、軽快に収束します。意外性がありながらも、少しも嫌味なところがない。見ていて気分が良いですね。
 特に香車の活用法が印象的です。本作に限らず、香の活躍が目立つ作風と言えるでしょうか。


 まだまだ好作はありますが、とりあえずここまで。
 大満足できること請け合いの一冊。買えばいいと思います(ダイレクトマーケティング)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント