詰将棋パラダイス5月号 感想

感想
05 /03 2016

 Fairy TopⅨ2015の投票を済ませました。ゴールデンウィークだしね(?)
案の定投票数が非常に少なくなってしまって、申し訳ないです。

 詰パラ5月号も早めにやって来ました。有難いです。

■出題
 出題形式としては、やはり小25が目を引きます。学校ではツイン形式の出題は難しいのでしょうか。すごく魅力的なジャンルだとは思うのですが……。

 拙作は中学校で採用されています。期末のトリを飾るのは荷が重いか。

■詰将棋解答選手権 チャンピオン戦報告
 2R⑩の正答者数については事前に知っていましたが、どうしてそのようなことになったのか、そこを解説してもらえるのは非常に助かります。それにしても、35手の誤答順まで辿り着くだけでも雲の上の方です笑
 それはさておき、それぞれの局面としての妙手が、全体の手順に複合的に絡みあうような構成はどうやってつくっているのだろう。すごいなあ…。

■将棋パズル雑談
 解答を鵜呑みにしただけですけど、④の面白さはなんとなく伝わってきます。
 成駒の種類まで限定できるのですね。

■推理将棋
 初登場でした。わかりにくい条件ですいません…。次また登場できたならば、そのときはシンプルで明快な条件を心がけたいです。

■詰将棋全国大会
詳細→http://toybox.tea-nifty.com/taikai/2016/05/post-f298.html

 えっ、中四国での開催は初めてなんですか!?
 知らんかった。
 これは是非行きたいけど…。行きたいけど……。

■結果稿
 好みでいうとデパ2。

■フェアリーランド
 特に無いなあ…。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

中25の追伸。どーでもいい違いですが、私は今も米子市に住んでいます。同じ県ではあるものの、約100kmは離れているので行き来はなかなか大変です。

ue

自称フェアリストです