第3回とり研レポート(山路ver)

イベント
03 /21 2017
第1回とり研
第2回とり研 → (前) (後)


■第3回とり研
日程:2017年3月19日(日)13時~ 
参加者:上谷、梶下さん、久保さん、小池さん、小林さん、真島さん、山路、吉松さん
 ※誠に勝手ながら伏字やめてしまいました。不都合がある場合は、お手数ですがご一報ください。
    
 参加者は8名でした。わざわざこの日のために遠くからご来訪くださった方もいらっしゃいまして、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

 県外からの参加者の「山陰は寒いと聞いていたけど、実際来てみると暖かいですね」との言葉通り、当日は良く晴れて気温も高く過ごしやすい一日でした。天気にも恵まれてホッと一息。先週まではまだ肌寒い日も多くて、いつか忘れましたが3月のくせに雪まで降ったりと散々だったので、当日が晴れてくれてホント有難かったです。やっぱ「陰」の国っすね!とか言われないためにも…笑

 早速とり研レポへ。
 いつも自分の目線からのとり研ばかりお伝えするのもどうかなと思って今回はまず山路氏にレポートをお願いしました。氏は鳥取在住者でとり研皆勤賞であるわけで、どういった感想を抱いているのか私も気になっていました。「気が向いたらやる」と言って当日は去っていった彼でしたが、どうやら気が向いたようで仕上げてきてくれました。私は信じていました。ええ。
 今回は3次会まで続きました。山路を含め明日早い方々は2次会で帰られたので、私のレポートは3次会等をメインで書こうかなと思っています。




[本会]
~到着~
会合準備のために早めに会場へ向かうと、梶下さん、小林さんがすでに到着していました。
小林さんは今回は迷わず来れたようでよかったです。

~準備~
前回とり研では、ある人がお菓子を大量に購入して、結果大量に余るという事態を引き起こしたので、
今回のお菓子の量は「スマート」にしました。

~名刺~
今回、上谷が名刺を作ったとのことで、参加者に配っていました。同時に名刺作品を披露。
フェアリーですが、小さな初形に多くのエッセンスが詰まった好作です。僕も名刺作りたくなりました。

~新作鑑賞~
待ちに待った新作の鑑賞です!
①小林さん
実際に解いてその手順に驚愕。小林さんの作風が顕著に現れた作品でした。
「駒数をもっと減らしたい」という声もあったので、さらなる改良に期待です。
②自作
小学校投稿作と中学校投稿予定作を披露しました。どちらの作品も皆さん悩まれていました。
中学校の方は、久保さんは配置があまり好みじゃないようで、改良することとなりました。
また、小学校の方は、久保さんに変同を指摘されました。僕の検討では完全に見落としていました。
こうして、久保さんによって2作品が救われる結果となりました。
③上谷
将棋世界投稿作を披露していました。収束が決まる作品は素晴らしい!
④真島さん
投稿予定ではないが、新作ということで見せていただきました。配置と手順が美しかったです。

~教材に使える詰将棋~
今回参加された吉松さんが担当されています。
解答締切は過ぎてしまいましたが、少し遅れるくらいなら大丈夫とのこと。(※21日現在でどうかはちょっと不明です…)
せっかくなので出そうかなあ。作者当てはなかなか難しそうです。

~教材に使えるフェアリー~
18作も集まったようです。大盛況ですね。
数作解いてみましたが、まさに「教材に使える作品」ばかりで感心しました。
僕も1題投稿しています。非常に簡単なのでよかったら解いてみてください。

~フェアリー作品~
「最悪詰」というものを見せてもらいました。最初、ルールが意味不明で大苦戦。
「玉方はドMで、攻め方はそれに対して意地悪(ドS)」と勝手に解釈したら理解できました。(笑)

~詰将棋書籍~
梶下さんがもう読まないということで、詰将棋の書籍を頂きました。
ある人「いらないなら解答選手権とかイベントで子供たちに配ったら?」
別の人「でも子供に‘禁じられた遊び’をあげるのは…(名前的に)」
ということで僕は‘禁じられた遊び’を頂きました。
自分、過去の作品に疎いのでしっかり勉強したいと思います!

[2次会]
~解答選手権~
僕は出ません…。来年国試が受かったら出ようかな…。

~看寿賞予想~
ある人「看寿賞あるかもよ!」
僕「0%ありません!」
正しくは「100%ありません!」ですね。日本語は難しい。(笑)
今年も看寿賞はどの部門も激戦になりそうです。

~自動創作~
ちょうどトイレに行っていたので聞き漏らしてしまいました。

~SNSのいいところ&わるいところ~
これに関してはいろんな意見がありますね。大好きな趣味は楽しくやりたいです。

~大学が豊作~
2016年下半期の大学は非常に豊作でした。2.8オーバーが何作も出ていました。
果たしてどの作品が半期賞を獲るのか…。

~詰備会~
5月3日に詰備会があります。僕は参加予定です。

~とり研最終回~
次回は来年の国試後になりそうです。
僕は愛知か岐阜に就職する予定なので、実質とり研は次回がラストです。


ここで解散となりました。
一部の人達は3次会に行ったようです。
3次会については上谷が書いてくれると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

看寿賞宣言

看寿賞が0%ないと言う事は100%あると言う看寿賞宣言とみました。
僕は今年の看寿賞は今回の参加者から4人選ばれると予想しています。
なので、今の内に看寿賞受賞の言葉を書いておいた方が良いですよ。
と、既に二人には言ってあります。
その時に、計画性が大事な諺を添えましたので、もう書いているでしょう(笑)。

Re: 看寿賞宣言

 まだ全然わかってないことです笑 
 三輪さんの予想通りになる可能性もあるのでしょうが、違う結果になったとしても全くおかしくないと思います。
 作者が決められることでもありません。
 今はただ静かに見守ってくださればと思います。

ue

自称フェアリストです