第3回とり研レポート(上谷ver)前

イベント
03 /23 2017
 自分も(hiroさんのメモを参考にしながら)レポートを書いてみました。
といっても、他の方と被るところも結構あります。。。まあ同じ空間にいたわけですし、しょうがないか。

■一次会
 会場準備しようかなと思い50分前ぐらいに到着するともうすでに小林さんと梶下さんの姿があってビックリ。家で緑のたぬき食べてる場合ではありませんでした。

 というわけで12時過ぎに会場準備しつつお二人にはお待ちいただくことに。
 だんだん参加者のみなさんが集まり始めて開会となりました。
 久保さんは少し遅れて到着。迷ってたのかなあと心配でしたが、なるほどとんきんに寄られていたのですね。駅前で昼飯といえば真っ先に思い浮かぶお店です。さすがお目が高い。
 オススメは久保さんも食べたバーグカレー。チキンカレーもいいですね。焼きたて、揚げたてなのが嬉しいです。

 さて開会後は続々と詰将棋が並べられました。

◯山路作1
 茫洋とした初形。私は以前解いたことのある作品で、解いた当時はだいぶ苦労した記憶があります。今回みなさんも苦戦されているようでした。初手が第一感となるかどうかがポイントでしょうか。初手を決め打ちできたとしても変化読みでまたもう一山あります。

◯小林さん作
 これまた難解作。その日見た作品で一番の難度であることは間違いありません。
 鳥取勢3人で盤を囲み、三人寄れば文殊の知恵ということで(変化飛ばしをしつつ、ヒントをもらいつつ)なんとか詰め上がりまでたどり着くことができました。ちなみに私は解図にほとんど役立っていないので、実質2人で解いていたといっても過言ではありません。

 詰め上がりに辿り着いてからがまた大変。一つ一つ変化紛れを確認しつつ、配置をどうにかできないか参加者総出で考えたりしていました。
 初手を削れば4枚減るというのは大きいのですが、この初手は捨てがたいという意見もありなかなか難しいですね。現時点でも相当の作品ではあるものの、更なる改良にも期待です。

◯山路作2
 小学校手数。私はちょっと前に見せてもらった作品です。
 しかし今考え直すとなぜこれが解けたのかわからないぐらい筋がつかみにくい。こちらもみなさん悩まれていたようです。
 誌面で見られる日も近い?

◯真島さん作
 美しい初形。紛れにポンポン限定合がでてきてイカニモ作意っぽい。
 作意順はその紛れ順とは全然別のところから手を紡ぐもんでビックリしました。
 非常に綺麗にまとまっていて、まさしく表紙向けの逸品。誌面で見られる日が楽しみなんで、投稿してください…!

◯自作
・名刺
 名刺つくりました。既発表作なのに発表年月が未来になっていました。確認不足を猛省。
 こういう名刺にはフェアリーを載せると決めています。右上のこじんまりした配置で短手数でちょっと悩みどころがある…、みたいなのが理想ですね。
 全国大会にも持っていこうかな。

・将棋世界投稿作
 最近の自作のなかでは最もお気に入りと言える作品の1つ。
 双玉なんで、入選できるかどうかちょっと不安。

・透明駒
 ややこしくてすいません

◯創棋会ネット作品展
 「教材に使える10手台」に1作投稿しております。
 吉松さんに「上谷さんの作品は駒数が少ないね」と言っていただいたのが嬉しかったです!
 なんか最近のパラの自作は駒数が多い気がしますけど、配置駒数以上の効果を生み出せるように頑張っていきたいです!
 
 ちなみに「教材に使える10手台」では解答も出しており、作者当てにも挑戦してみましたので吉松さんにどれぐらい当たっていたか訊いてみました。下手すりゃ全員当てちゃってるかもな~~~!と思っていたらなんと正解したのは15作中5名(※自作含めてコレ)と惨憺たる結果。実質4人じゃん。
 
◯教材に使えるフェアリー作品展
 WFP最新号にて出題中。
 とり研参加者の久保さん作と山路作もあります。
 ルールがたくさんなので大変ですが、ルールを説明するとみなさんスラスラと解かれていました。みなさんの解図力はもちろん、作品の明確な狙いもあってこそなのかなと感じました。
 みなさんにチャレンジしていただけたので嬉しかったです。
 あ、解答も是非よろしくお願いしますね!

◯最悪詰
 真島さんの最悪詰を解図・鑑賞しました。普通詰将棋の作品はもちろんのこと、最悪詰も素晴らしい作品ばかりでやっぱすごいなあ。投稿してください…!
 しかしまあ最悪詰は感覚が破壊されますね。攻方なのに攻められないというか勝手に自爆するというか。
 どMだからしょうがないですね笑

◯梶下さんの蔵書
 頂戴しました。本当にいいんでしょうか。ありがとうございます…!
 最初お話を伺ったときは「梶下さん詰将棋辞めるのか!?」と思ってビクビクしていたけどそういうわけではないらしい。良かった…!

 そんなこんなであっという間に1次会が終わり、飲み会へ。
 
 二次会、三次会もすぐ書きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ue

自称フェアリストです