2017/03/24

第3回とり研レポート(上谷ver)後

■二次会
 まだ出てない話題を中心に。

◯赤天
「山陰ならではのものを注文したい」という声にお応えして、何が山陰ならではなのか分からず不安になりながらも注文しました。
 

「パン粉に覆われた表面はうっすらとピンクがかった赤色。サクッとした食感の後、ピリッとした辛味が追い掛けてくる。浜田生まれの「赤天」。食卓や弁当のおかずとして、地元で長年愛され続けるソウルフードであり、浜田を代表する特産品だ。」

 http://hama-uosyo.com/modules/about/content0006.htmlより

 どうやら浜田の特産品らしいです。ちゃんと山陰ならではで安心しました。
 
 やってきた赤天はマヨネーズをつけていただきました。ほんのりとあたたかく、表面はサクサクしつつも、中の弾力がかなりのもので美味しかったです。ビールとの相性も良かったですね。

 練り物大使こと石原良純さんも絶賛(していることだろう)!

◯下半期半期賞 および看寿賞
 小学校~短大は鈴川氏と武島氏の作が並ぶのではないかという予想が多数でした。

 大学は激戦区。どの作品が獲ってもおかしくありません。
 大学院はやはりLCMと手裏剣が目立つ半期だったようです。
 下半期半期賞が看寿賞となる可能性も高いでしょうね。

 高15の武島氏作は一年を通しても最上級の評点。話題となった一作です。とり研でも確かに話題となりましたが、武島氏の高校作品としてはこちらも人気でした。

武島広秋氏作(詰将棋パラダイス 2016.5)
 k21.png

 評点こそ高15に譲りますが、こちらも忘れることはできません。
 主眼の71角を中心に破綻なくまとめ、最遠打で打った角を消す収束まで完璧な構成。作者が自信作と言うのも頷けます。
 なかには「こちらのほうが好み」という方もいらっしゃったぐらいです。
 どちらの作品も素晴らしいですね。

◯創棋会作品集
 作品集編纂は、当たり前ですがすごく大変なことなのですね。
 でもやはり次回作品集も期待したいです!

◯SNSの功罪
 詰将棋について話すとして、SNSが無かったら非常に大変です。メールはまだしも、手紙のやりとりの時代は如何に大変だったは想像に難くありません。
 そう考えると、SNSやブログで簡単に詰将棋の情報をやりとりできる現代は本当に恵まれているのだろうなと思います。
 一方で議論が白熱する余り意見が衝突することも、SNSの発達につれて増えてくるのかもしれません。
 でも、本当にたまらなく言いたくなるときもありますよね。

◯自動創作について

 いずれ久保さんのブログでも拝見できる話題かもしれません。

◯詰将棋タイトル戦
 現在あるものの名称を変えるだけでも、だいぶ変わってくるのではないか説
 昔は入選300回で「詰棋王位」のタイトルがあったようですね。
[一例]
・「詰将棋順位戦」があるんだからA級優勝者には詰将棋名人のタイトルを与えよう!
・短コン優勝にも何か
・表紙コンクール復活&優勝者にタイトル付与
・春霞賞の「月刊候補作」を「月間賞」にしたほうが盛り上がる?(これは自分の勝手な妄想)

◯次回とり研最終回?
 多分そうなりそうです。学生じゃなくなるんでね…。

 2次会は確か9時過ぎぐらいに終了。
 まだ時間が大丈夫な人たちで3次会に移行となります。

■3次会
 酔ってたもんでちょっと自信が無いんですけど、確か6人で3次会会場へ。
 今までの2次会までで終わってたんで次の店とかは全然考えてなかったです汗

 営業時間が長いことを理由にチェーン店へ。

 席に着くと、すぐに盤と駒が机に出されました。実に詰将棋会合らしい光景ですね。

◯2ヶ所理論(役割理論)
 「配置された駒が2つ以上の役割を持っているかどうか」を考えるものです。
 作意順に関わる駒ならば、その駒は必要かどうかなど考えるまでもありません。大体槍玉に挙がるのは変化処理、余詰防ぎのために置いてある駒。
 個人的には、このような駒が1つの役割しか持ってないのが非常に気持ち悪いのです。その役割が少なければ少ないほど、この気持ち悪さは増していきます。変同を直すためだけの駒とか、非限定を消すためだけの駒など、ちょっと悔しくなってしまいますよね。

 逆にその駒の働きが多ければ多いほど、いい配置と言えるように思います。それが2ヶ所理論です。
役割が1つなら残念、2つは及第点、3つ以上なら会心の配置。ぐらいが自分の感覚です。例えば、単独より複数の余詰を防いでくれているほうが、置いた甲斐があるように感じてしまうのが人情というもの。

 このようなことをお話すると、結構賛同してくださる方がいらっしゃってなんだか嬉しくなりました。やっぱり気になりますよね。

 今回のとり研で配置を議論するときには、「こうすると?」「そうするとこの駒は1ヶ所しか働かないんで…」みたいなような会話も見られました。
 
 ただ「ヶ所」というところはちょっとニュアンスが異なるので、もっといいネーミングがあれば教えてください。

◯解図
・久保さん作1
 変化と作意でそれぞれ違った打歩回避の手筋を楽しめる一作。
 作品への心配りというか、よりよくしていく精神というか、妥協しない姿勢があって素晴らしい作品が生まれるのだなあと、作者さんと話していると思わされます。
 
・梶下さん作
 主眼部がまずあって収束をつけるという作り方だったかと思いますが、ずいぶんと捌ける収束がついたものです。先ほどの役割理論的の話に関連して、なんとか駒の役割を増やせないか議論が交わされました。

・久保さん作2
 あんま詳しく書けないんですけど、とある1手が入っていることにめちゃくちゃ感動しました。
 感動しすぎて「いいなあ、いいなあ」しか言えなくなりました(お酒のせいではありません!)。

 しかしまだ推敲の余地があると久保さんは言います。完成版を本誌で見られる日が非常に楽しみです。

 時間はあっと言う間に過ぎていき、ちょうど日が変わる頃に閉会となりました。
 みなさんとたくさんお話することができ(自分ばっか話すところがあったりしてすいません汗)、忘れられない一日となりました。ありがとうございました!
 

 今週末は東京に行きます!将棋めし食べにいきたいです!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント