FC2ブログ
2017/01/06

諸事情で投稿できない?フェアリー作品展

 「投稿できない作品なら、ブログで出すのもダメかもしれない」という疑念は消えぬまま、勝手に開催します。ルールは全部アンチキルケです。

 自分がアンチキルケをつくっていた頃といえばフェアリー始めたての頃で、今の目で当時の自作を見ると、ちょっとイマイチ。当時の目で見れば自信作だったわけで、その出来で投稿したことを後悔はしませんが、それでもやっぱり直したいですよね。
 そんなわけで既発表作の改作が多いです。なかには「これぐらい変えたらもう別作かな」というものもありますが、まあ投稿できないですね。でも闇に葬るのも耐えられず…。うーん意思が弱い。
 
 アンチキルケについてはたくぼんさんのページをご参照ください。

アンチキルケ入門 
アンチキルケばか詰作品展

 素晴らしい解説ですので、解かないにしてもたくぼんさんのページは見て帰ってください! 


【アンチキルケ】
駒取りがあったとき取った方の駒が、最も近い将棋での指し始め位置に戻される。
[補足]
戻り方等は以下の細則に従う
1) 成駒は成ったまま戻る。
2) 戻り位置に駒がある場合は戻らずに通常の駒取りをする。
3) 駒取り時、駒が戻るまでを一手と見なす。
4) 金銀桂香(成駒も含む)が5筋で駒取りを行い、複数の戻り先候補がある場合、戻る位置を選択できる。片方にのみ戻れる場合は強制的にそちらに戻る。

【マドラシ】
 玉以外の駒は、同種の敵駒の利きに入ると利きがなくなる。
※玉にもこのルールが適用されるのがKマドラシ。


①アンチキルケばか詰 5手
 2017-01-06c.png

②アンチキルケばか詰 7手
 2017-01-06d.png

③アンチキルケマドラシばか詰 5手(2解)
 2017-01-06a.png

④アンチキルケマドラシばか詰 5手(2解)
 2017-01-06b.png

アンチキルケでは51地点が急所。まずはここを押さえることから考えましょう。
難易度的には②が一番簡単と思います。
③と④はアンチキルケとマドラシを同時に適用します。そして2解です。双方の解は似ている(似せている?)ので、1解見つかればもう1解は近くにあるはず。どんなふうに2解を対比させているのかも考えていただければと思います。

■結果
 (1)アンチキルケばか詰 5手
 (2)アンチキルケばか詰 7手
 (3)アンチキルケマドラシばか詰 5手(2解)
 (4)アンチキルケマドラシばか詰 5手(2解)